人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春突入、広島の空から

本通のネットカフェから

広島で取材する私のもとへ、京都の学生から電話が入った。大阪のテレビ局に就職が内定したという。もうひとつ本命の公共放送をかかえていて、どうしようか迷っていると相談してきたのだ。内定をもらった局には2日以内に返事をすることになっているがどうしようという。

 私はそこへ行ったほうがいいと答えた。映像を志す道はおそろしいほど狭い。仮に次の局の結果を待ってもいい結果の保障があるわけでないし、映像への可能性はいよいよ低くなる。内定を得た放送局で、自分のやりたい番組が作れるかどうかは定かではないとしても、このチャンスを逃す手はない、と私は忠告した。
 就職浪人していた彼女は、電話の最後に「本当は内定もらえてムチャ嬉しいんですけど」と素直に喜びを語っていた。おめでとう。これから面白いことがあんたを待っているよ。

 無責任にアドバイスしたのではない。時代は変わってゆく。私のように生涯同じ会社で仕事をするというかたちは減ってゆくだろう。男女関係なく、実績でキャリアをアップして転職を繰り返しながら自己実現を目指すシステムに世の中は変わってゆくと思われる。

 春――就職活動の時期。私も大学4年の春はずいぶん悩んだ。すんなり今の仕事につけたわけではなかった。というより、偶然のようにしてこの仕事を与えられたのだ。「なる」ようになる。出会った入り口があなたの人生の始まりの場、そう考えてこの就職戦線を乗り切ってほしい。私が教えてきた学生たちにそう伝えてやりたい。

 広島本通、アカデミー書店でしばし立ち読み。池島信平の『歴史好き』を購入。その店の棚には、阿部知二、小酒井不木、江戸川乱歩、横光利一らの本が並んでいて欲しかったがどれも5千円以上したので躊躇した。
 横光の『春は馬車に乗って』というのはいいタイトルだ。これは復刻本で3500円だったが安っぽく思えてパス。阿部は岡山の出身だということをはじめて知った。
最近、昭和初年のモダニズム文学に関心がゆく。おそらく大伴昌司の母四至本アイさんの影響だろう。アイさんはかつて徳田秋声、吉行エイスケ、舟橋聖一らと交わったことがあって、そのころのエピソードをいろいろ聞かされているからだ。これまで、軟い大衆文学と無視してきたのだが、大伴を描くうえでも、この人脈は研究しておかなくてはなるまい。

 阿川弘之に『春の城』という作品がある。阿川は広島の出身だから、この城はきっと鯉城をさすだろう。今日の広島は暖かい、というより汗ばむほどだ。春はまっしぐらにこの町にも来た。こぶしの白い花が歩道に落ちて腐しとなっている。いよいよ弥生儘となりしか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
春突入、広島の空から_c0048132_13583395.jpg

by yamato-y | 2006-03-25 13:44 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< チープな旅のささやかなぜいたく ああ被爆・・・ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧