人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

流れ着く瓶の手紙

ぽろん亭の思い出
流れ着く瓶の手紙_c0048132_1354233.jpg


 一年前、ブログなんてものは瓶に入れて流す手紙のようなものだと書いたことがある。どこへ行き着くか分かったものじゃないと書いたのである。そうでもないと反論のコメントをもらったがなかなか実感することはなかった。

だが昨夜ブログを開いて驚いた。旧知からコメントが届いたのである。
「伝説のCMディレクター」の記事についていた。この話の舞台となった、荻窪ぽろん亭で知り合った人物だ。記事といっしょに添えた写真にあったピエロの絵をよく覚えていると書いてあった。上の写真は初代ぽろん亭だ。立ち退きになってここから数メートル奥へ下がって2代目が現在ある。

 読むうちにコメントを呉れたその人のおもかげがゆっくり蘇った。その人はまだ学生だった。当時少なかった女子大生だった。私は社会人5年目ぐらいになっていただろう。番組つくりの面白さを覚えたばかりでいきがっていた。
 ぽろん亭を中心に夜遅くまで遊飲み歩いていたな。金がなかったから焼き鳥屋と2番館の映画ばかりだった。カズオミ、シスカ、ドピロー、カズノコさん、クボさん、アツコさん、みよ、シズコさん。みんな若かった。

 杉並のあちこちに空き地や緑が残っていた。夜10時過ぎからうろうろ出歩いて、そういう空地でだらだらしゃべってばかりいた。本もあまり読んでいない。今若い人や娘に向って勉強が足らないぞと説教垂れることがあるが、考えてみれば私も何もしていない。むしろ仕事上一生懸命読むようになったのは35歳を過ぎたあたりからだった。金も地位も力もない若い男なんて一番つまらないと年中ぶうぶう言っていた。黒テントの舞台ではつらつと演じ歌い踊るカズオミが羨ましかった。

独身者は裏通りには住んではいけない通りに面したところへ住むべきとカフカが言ったとか、そういう言葉をクボカクから教えてもらったが、内心反発していた。
ああこうして私は20代から30代のはじめ、若さと時間をだらだらと消費しつづけていた。ずっと忘れていたことどもを、昨夜の「コメント」を読んで思い出した。

まもなくロッキード事件が起きる。カクエイよりオサノという人物に興味をもった。そして街角では狭山差別裁判の不当を訴えるビラが配られていた。

流れ着く瓶の手紙_c0048132_135577.jpg

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-11 13:06 | 30年の自画像 | Comments(0)
<< ユタ、高原の旅 ‘06年の大伴昌司 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧