人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

‘06年の大伴昌司

ウルトラ星へ去った人⑩

4月からハイビジョンで始まる特撮ドラマ「WOO」。円谷プロが制作する。このドラマの原案は円谷英二と円谷プロの作家だった金城哲夫によって構想されている。その原案つくりのアイディア出しに、実は大伴昌司が関わっていた。つまり大伴の存在はけっして過去のものではなく今も活躍しているのだ。

特撮の神様として知られる円谷英二は最初東宝映画の特撮監督として出発している。ゴジラやラドンなどはその時代に産み出している。そして昭和38年(1963)に独立して円谷特技プロダクションを創立する。最初の仕事は石原プロ製作日活映画「太平洋ひとりぼっち」だった。太平洋を単独横断した堀江青年の冒険を描いた映画だ。青年が乗るヨットマーメイド号は太平洋上でさまざまな苦難を経験する。嵐にヨットは木の葉のようにもまれるシーンなどが円谷の特撮で描かれた。この映画はヒットし円谷プロの技量が高く評価された。

 もったいないと思ったか、東宝は円谷プロにもどってくるよう働きかけた。東宝撮影所の中に円谷プロの事務所が入る。プロは市川支配人と作家でプロデューサーの金城哲夫の二人が円谷のそばにいて屋台骨を支える。
金城は円谷の秘蔵っ子で企画や脚本を担当した。その文芸室に大伴はいつのまにか出入りするようになっていた。その経緯は不明だが持ち前の「潜入術」でいつのまにか、自分の席をもっている。ふらりとやってきて、かかえた資料を広げて整理したり、金城相手に企画のネタを話したりした。金城とはうまがあったらしい。

 一方、大伴はSFの作家たちとかたらって日本SF作家クラブを立ち上げていた。初代事務局長の半村良を補佐していた。

 円谷プロとSF作家クラブを引き合わせたのは大伴である。
 急成長するテレビから円谷にチャンスが舞い込んだ。フジテレビから円谷プロに特撮ドラマをやってみないかと声がかかったのである。円谷プロは知恵を絞った。新興の文学だったSFからアイディアをもらったらどうかと、おそらく大伴が金城にもちかけたのではなかろうか。円谷プロと作家クラブが合同でブレーンストーミングを築地の料亭でもつようになった。
 そのとき参加したSF作家がすごい。星新一、光瀬龍、福島正美、半村良、平井和正、石川喬司、豊田有恒らである。後年、文壇で活躍することになる面々であった。

こうしてさまざまな設定や物語を円谷と金城が発想したことに付加させて、生まれた企画が「WOO」である。
この「WOO」は企画が生まれてから二度中断する。最初はフジテレビ、次はTBSだ。長いこと幻の名作と言われたこの物語が、いよいよNHKで4月から始まる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-11 03:01 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 流れ着く瓶の手紙 CMディレクターの伝説 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧