人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

キリシタンの祈り

長崎浦上のやさしい人々

20年前長崎で勤務したとき、ここでの自分の主要な仕事は3つと心に決めた。長崎原爆、大水害、キリシタン。赴任した昭和57年の7月、集中豪雨が長崎を襲い299人の犠牲者を出す大水害となった。それが直近の問題としてあった。原爆被害は長く深刻な事態は続いており人類の大きな問題をとして私の前に横たわっていた。

まったく予期しないテーマがキリシタンだった。クリスチャンの家庭に生まれたがカトリック特に長崎信徒のことは皆目知らなかった。ところが私の住んだ住吉はカトリックの本場浦上にある。朝夕の鐘の音を聞くと次第に目が向くようになった。
キリシタンの祈り_c0048132_9361542.jpg


浦上天主堂が建つ場所は昔からの聖地だ。江戸時代禁教令が出たため、かつてこの浦上一帯にたくさんのキリシタンが潜伏した。あらゆる手段でその信仰を250年間守り続けたのだ。世界宗教史でも稀な出来事といわれる。俗に隠れキリシタンというが、それは隠れ念仏と同一視されるので正確には「潜伏キリシタン」と言う。大半が百姓であった。

 祈る姿を見られてもクルスをもっていても処罰されるのだ。潜伏するためキリシタンはあらゆる方法を使って信仰を守る。
浦上から岩屋山がよく見える。山の峰は西を向いている。夕日は岩屋山の彼方へ沈んでゆく。その山を信者は聖なる山とした。山に向かって祈る。それをたしか10回重ねれば、岩屋山に1回登ったこととなるはずだ。岩屋山に3回登ればローマの大本山へ行ったことになる。こう考えてキリシタンたちは山に祈った。

 私も朝な夕なにこの山を眺めた。夕暮れ金色に輝く岩屋山を見ると、パライソ(天国)を思わずにいられなかった。
キリシタンの祈り_c0048132_9363129.jpg

 感動的な出来事が起きた。
幕末、文久3年(1863)にフランス人神父が長崎大浦へ来て天主堂を建設する。長崎の町中でフランス寺が出来ると評判になった。浦上の人々にも伝わる。もしやわれらが守りとおした信仰の「寺」ではないかと尋ねたいが、役人に見つかればご禁制破りで捕捉される。
そして慶応元年(1865)3月17日、大浦天主堂は見物するおおぜいの客で賑わっていた。その中に浦上から来た5人の男女がいた。その中の一人の婦人が突然、声を出した。「サンタマリア ノ ゴゾウハ ドコ」
決死の覚悟かそれとも信仰が迸ったのか。プチジャン神父は驚いた。続けてその婦人は
「ワタシノムネ アナタノムネ トオナジ」と胸を指しながら言った。

日本近世史でこれほど感動的なことがあるだろうか。私はこのエピソードを聞かされたとき、こういう人々がなぜ日本社会の中に出現したのか、その人たちの末裔はどう生きているのか知りたいと、つよく思ったのだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-09 09:36 | 30年の自画像 | Comments(2)
Commented at 2006-03-11 08:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-03-27 08:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 苦しいのは君だけじゃない 寒くても春 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧