人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

伊丹万作という“師”

座右の書、伊丹万作全集

伊丹万作という人がいる。伊丹十三の父である。戦前映画監督として活躍して日本映画史に大きな足跡を残した。実際に活動した時期は短く病で倒れ長く闘病した後、戦後まもなく亡くなった。

 病の床で書いた文章が「伊丹万作全集」全3巻に収録されていて、番組の制作に迷うと私は折に触れてこの書を繙くことにしている。この人についてはこれからも書いていきたい。

今夜は伊丹らしからぬエピソードを紹介しよう。伊丹万作は実に奥床しい人でけっして自分を誇示したり教えを垂れたりなどはしなかった。終始理性的に判断する人であった。その彼にしてめずらしい、「広告」を書いたというエピソード。

その文章は「広告」という題で昭和12年4月に書かれている。中学からの友人で、俳人の中村草田男の出版されたばかりの句集『長子』を宣伝した一文だ。

未だ名前の知られていない中村の句集が売れていないと聞かされた伊丹は、この文章を書いたのだ。「私は私の雑文に興味をもって下さるほどの人々にお願いする。なにとぞ彼の本を買ってください。彼の本はおそらくこの私の雑文集に何十倍するだけの心の糧を諸君に提供するに違いない。」

律儀でダンディな伊丹が竹馬の友のために記した「広告」文。その友情に感銘もするが、これが誇大広告でないことは、後になって分かることになる。この句集には中村草田男の代表句がいくつも収録されていたのだ。例えば、
冬の水一枝の影も欺かず
眼の前を江の奥へゆく秋の海
そして、何より有名な句が入っている。
降る雪や明治は遠くなりにけり

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

伊丹万作という“師”_c0048132_2341038.jpg
元気な頃の伊丹監督
by yamato-y | 2006-03-08 22:51 | 魂のこと | Comments(0)
<< 寒くても春 ガソリンの匂いが好きだった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧