人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

開戦太平洋脱出―大伴昌司の父

ウルトラ星に旅立った人9
開戦太平洋脱出―大伴昌司の父_c0048132_13151247.jpg


大伴の父は四至本八郎といって戦前活躍したジャーナリストである。早稲田大を卒業後アメリカに渡り20年、ロスの新聞社などで勤めて見聞を広め知己を作った。いわゆるアメリカ通である。

さて、その父は昭和13年に妻子をともなって商工省の出先機関、メキシコ貿易事務所所長として赴任する。ここで日――墨(メキシコ)貿易の振興のためにおおいに力をふるった。

 そして運命の昭和16年をむかえる。日米衝突の危険が迫りつつあった。
八郎の身の回りにも不穏な空気が流れた。オフィスの隣室には得体の知れない米国人が住みついた。八郎は監視されるようになったのである。

日米会談が行き詰まった。近衛内閣が倒れ東条内閣が出現。開戦が近づいたと思われたので、八郎は妻子を日本へ帰すことにした。母子は9月に出発して10月帰国。この帰国でも苦難は遭ったが開戦前ということで、とりあえず無事日本へたどり着いた。この旅の途中北太平洋で5歳の大伴は喘息の発作を起こした。

父八郎も帰国が急がれる状況となった。最後の引き揚げ船龍田丸がサンフランシスコから出ることを聞いて、乗船を申し込んだがアメリカ入国のビザが下りなかったので断念した。やがて10月末に南米へ鉱石を買い付けに行く貨物船がメキシコに寄港することが分かり、その往路から乗り合わせることを申し出許可された。

 10月25日、鳴門丸に八郎は乗船した。メキシコからペルーを経てチリまで南下。そこで銅鉱石を積んで、反転して一路日本をめざす。緊張して北米海岸を通過する最中、12月7日(日本時間8日)をむかえる。連合艦隊が真珠湾を攻撃したのだ。とうとう開戦した。八郎の前途は危険に満ちた。アメリカ沿岸を避けるべきにもかかわらずそのコースを船長はあえてとった。敵の防衛体制の本陣を衝く奇襲作戦に出たのだ。

この日から、翌17年1月3日に横浜入港するまで決死の帰還となった。八郎の著書『開戦太平洋脱出』の目次を紹介する。
第1 開戦の飛報来る 第2 危険水域突破の準備 第3 危険水域を突破す
第4 ヂグ・ザグ・コース 第5 180度線を越えて 第6 日本近海に入る
第7 懐かしい祖国の土を踏む

まるで山中峯太郎の熱血小説『敵中横断三百里』さながらのルポルタージュだ。この本のサブタイトルは「鳴門丸の奇蹟的帰還」である。この本は昭和17年に出版されておおいに話題になる。八郎はこれを書くにあたりデータや情報をかなり収集し克明な日記をつけていた。そればかりか8ミリ撮影機やカメラを駆使してファクツを確認している。

こういうジャーナリストセンス、表現の柔軟性などは後に大伴昌司の資質の中に見出されるものであった。
1月3日、横浜上陸した八郎の前に、宇都宮から駆けつけた四至本アイと豊治がいた。

父、四至本八郎の戦前の著書を以下列挙する。
是でも米国か(昭和7年)、テクノクラシー(昭和8年)、ルーズベルト世界再建論(昭和8年)
頭脳トラスト(昭和8年)、日米はどうなるか(昭和9年)、日系市民を語る(昭和10年)
動くジャーナリズム(昭和12年)、シナ人街(昭和12年)、アメリカ異状あり(昭和14年)

四至本豊治少年は、父のこの行動をどう見ていたか、おいおい浮き彫りにしたい。さて、この大伴昌司伝を書き始めると、内外からさまざまな事実を教示いただくようになった。例えば、終焉の記などは内田勝さんからいくつか指摘を受けた。それを取り込みつつ大伴昌司の像をさらにクリアなものにしていきたいと考えている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

鳴門丸の甲板から
開戦太平洋脱出―大伴昌司の父_c0048132_13152745.jpg
右が八郎
開戦太平洋脱出―大伴昌司の父_c0048132_13183633.jpg

by yamato-y | 2006-03-05 13:04 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 久世さんのお通夜 時々読み返したい話「花嫁」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧