人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

時々読み返したい話「花嫁」

詩人石垣りん

石垣りんという詩人がいた。つい2年前84歳で亡くなった。難しい言語は使わずにいい詩を書く人だった。都会の隅でつましく然し誇りを持って生きた女性だった。
 一度だけこの人にインタビューしたことがある。どんな内容だったか忘れたが女性の詩についての談話をもらったはずだ。小柄でおとなしそうな人だなと思っただけで印象は薄かった。
ところがこのインタビューを契機に彼女の詩やエッセーを読んだところ心が揺さぶられ、ぐいぐい引かれていった。

 昭和9年、石垣りんは高等小学校を卒業すると丸の内にある銀行に給仕として入行し、以来40年間定年まで銀行員として働いた。働く女性の草分けのような存在だ。女性はあくまで使われる者の立場という身分制が生きていた時代である。人に言えない屈辱も味わったと思われるがけっして口にして運命を呪わない。だが戦争や公害に対しけっして自分の考えを譲らない人でもあった。

「花嫁」という作品がある。
石垣は終生独身だった。風呂のないアパートに住み、いつも貧弱な公衆浴場を利用した。そこで体験したことがこの話の主題である。
見知らぬ女性が石垣に剃刀を差し出して衿を剃ってくれと頼んだのだ。意外な申し出にためらっていると女性は「明日、私はお嫁にいくんです」と告げる。そのしおらしさにほだされた石垣は女の襟足に剃刀をあてることになった。

《剃られながら、私より年若い彼女は、自分が病気をしたこと、三十歳をすぎて、親類の娘たちより婚期がおくれてしまったこと、今度縁あって神奈川県の農家へ行く、というようなことを話してくれた。私は想像した、彼女は東京で一人住まいなんだナ、つい昨日まで働いていたのかもしれない。そしてお嫁にゆく、そのうれしさと不安のようなものを分け合う相手がいないのだ、それで――。私はお礼を言いたいような気持ちでお祝いをのべ、名も聞かずハダカで別れた。》

この話を読むたび、銭湯のどぶに漂う人恋しい湯垢のにおいを懐かしむ。タオルを首に巻きつけて洗面器をかかえて帰った時代を思い出す。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

時々読み返したい話「花嫁」_c0048132_1729426.jpg

by yamato-y | 2006-03-05 02:27 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< 開戦太平洋脱出―大伴昌司の父 月光仮面の時代~少年誌の古代 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧