人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

久世さんの死

久世光彦さんの死


昨日の朝、久世光彦さんが死んだ。
昼ごろ、同じ事務所の渋谷さんから連絡をもらった。たしか久世さんは東大で大江さんと同級だったから70歳になったばかりのはずだ。何か持病があったのかと聞くとそんなものはなかったはずという返事。昨日まで次のドラマのプランを立てていたというから、突然の死だったにちがいない。

久世さんの事務所カノックスとはかれこれ6年の付き合いだ。「向田邦子さんの恋文」の番組を作ったときからになる。久世さんはドラマの演出家だったから実際に私とドキュメンタリーを作り上げたのは澁谷プロデューサーである。彼を通じてこの数年久世さんともお会いしてきた。食事をともにしたこともある。「恋文」で総務大臣賞を受賞しパーティを催したときも駆けつけていただき、スピーチしてもらったことがある。

 私が大江健三郎さんと光さんのドキュメントを作っているころ、久世さんは光さんの曲をテレビドラマのテーマとして使ったことがある。そのとき、大江さんから久世さんは同級生だということを聞いた。
「時間ですよ」のような破天荒というかアナーキーな番組つくりをする人だった。私生活も昔の文士のような生き方をされた。それもそのはず、久世さんは後年テレビより文章の人、作家として活躍するようになった。小説は現代版泉鏡花のような作風で華麗な言葉を駆使するタイプであったと思う。私はそれほど小説は好きではないが、エッセーがよかった。向田さんと同じ戦前から戦後まもなくの近い過去を舞台にした話がよかった。北陸富山の少年時代、東京山の手の戦後、懐かしい筆調がさえていた。それと歌謡曲には一家言をもっていて、久世さんは香西かおりのために詞を書くほどである。歌の思い出をつづった「マイ・ラスト・ソング」というエッセーがすばらしかった。最後に聴く歌はどんな歌かという詞華集だ。私のマイフェバリットソングは、そこからヒントをもらっている。

3年前、カノックスの人たちと「最期のひばり」というドキュメンタリーを作ったことがある。私が制作統括をした。このときも、生前のひばりさんと付き合いがあるということで、ひばりさんの遺族との交渉にも出向いていただいたことがある。番組はその年のNスペ最高視聴率をとって話題を呼ぶ。この番組の制作陣に名前を連ねられた。そのことを、久世さんはとても喜んだ。

 私が出会ったのは晩年の久世さんだ。ずいぶん物分りのいい紳士だった。昔を知っている人から聞くと、往年とはまったく変わってしまったという。かつては相当のワルだったようだ。その名残りは服装にあった。いつも仕立てのいいスーツといい靴を(多分、イタリア製)履いていた。でも不思議なことに歯は抜けたままで入れ歯を作らなかったのだ。口元だけ老けていた。あのダンディな人がなぜだろう。

最晩年の仕事として、森繁久弥さんの聞き書きがあった。「七人の孫」以来の付き合いから始まった大切な昭和史の記録だった。パートナーを失って森繁さんの嘆きは深いだろう。森繁さんはかつて若い向田邦子を失い、今また年少の久世光彦が去ったのだから。

久世さんの本当のラストソングは何だったのだろう。ちょっと聞いてみたい気がする。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-03 00:18 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< ドジ模様 口は魔物、言葉は刃物 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧