人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ガセネタの研究

日本製原爆開発計画

今国会はガセネタの話題で一色だ。ずいぶん愚かな対応と呆れるより、私ならどうするということをつい考えてしまう。これが職業上の習慣だ。

 このネタが本物か否かという判断に迫られたことは一再ではない。その一つが「日」研究だ。日本で研究された原爆の記録をめぐって私は右往左往したことがある。

理化学研究所を中心とする仁科芳男教授の原爆開発計画は比較的知られてはいる。実際の研究は進んでおらずたいしたことがなかったという評価が一応出ている。それに比べて京大を中心としたグループはF研究とも日研究ともいわれ海軍がてこ入れをしてかなりの線まで開発されたという噂をかねてより聞いていた。

 昭和62年ごろ、都立大学にある古書店で日研究資料が出たという情報をつかんだ。その資料の内容、価値などをいろいろ取材して調べまわった。もし実用のメドがついていたりないしは実験を終えていたりすれば、唯一の核被爆国ということで被害者の立場を日本は特権的に言う事は難しくなる。まかり間違えば原爆を投下したかもしれない核疑惑国になるかもしれないのだ。重大な課題をその情報ははらんでいた。

 アメリカで出版された本に日本が核を戦時中もっていて朝鮮半島で実験をしたということが書かれてあるという話もでてきた。取り寄せて読んだ。アメリカの若手研究者のドキュメントであるがにわかに信じがたい。といってアメリカでは「とんでも本」になっているわけでもなくそれなりに話題になっていると聞いた。

 この核は日研究の中から生まれたと推測されている。核実験をやった場所は当時日本の植民地で化学工場があった興南の沖合いだとまで書かれてある。そんな馬鹿なと思いつつ周辺にあがってくる情報はいかにもありそうな話ばかりだ。
一方、もしこれが事実なら大発見となり史実を書換えることにもなるかもしれない。功名心がないわけでもない。

当時の関係者は殆ど死去していて証言がとれない。一説にはあの湯川秀樹や坂田昌一らも参加していたといわれる。誰もこの出来事について書き残していない。ということはガセネタか。

一方、この研究の中心人物は荒勝文策ということが判明した。今でこそ名は消えているが当時大変な科学者だった人物だ。彼の仕事をすぐ調べた。なんと彼はベルリンでアインシュタインから学びケンブリッジでラザフォードから教えを受けていた。
そして昭和14年、核分裂の際2・6個の中性子が発生することを発表した。これは核分裂の連鎖反応を予想させる重大な発見だ。翌年には彼はヘビーエレクトロンの質量変化を発見。これでノーベル賞候補となるが戦争が近づいていて、敵性国の人間ということで逸す。
この人物がからんでいる。しかも具体的な数値まで記録したものが、資料として発見されたとあると、ガセネタといちがいに否定できないのではないか。

この判断をめぐって、私はおよそ2ヶ月東京、京都、神戸、福島と調べまわった。結論ははっきりと出なかった。ただ核実験を行ったという事実はかなり偽情報によるものだと知って、このネタの番組化を断念したのだった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-01 17:46 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 名人の能力 余寒 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧