人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

日航の悲しみ

JALと大伴

さっき九州から帰った。行きは日航を使ったが帰りは全日空を使った。
日航が病んでいるというかんじがして搭乗を避けたのだ。

昨日の読売の社説に、「日航内紛」とあった。日航の混乱を厳しく批判している。その記事をJALの機内で読むのも皮肉だが、読み終えてイヤーホーンを耳につけた。ところがヘッドフォン差込口が不安定で音量が揺れる。仕方がないので空いている隣席のジャックに差し込んだ。そこも音が歪み揺れる。二度続くとなるとこれは偶然ではないだろう。メンテナンスが不備だといわざるを得ない。

機内を見回すと空席が目立つ。というよりガラガラだ。ドル箱の福岡便にしてこの有様だ。
シートの前のポケットも心なしか乱雑だ。昔は靴を脱いであがるのかと思うほどJAL機内はぴかぴかだった。今はアメリカのローカル便のような雑さが目に付く。貧すれば鈍するかな。

ちょっと気になるJAL批判がある。社内に労働組合が9つもあってこれが不振の元凶だという論調だ。そんなはずはない。労組は基本的に従業員の待遇と業務の安全を第1に考えている。それは利用者の利益と対立しない。給料一律10%カットを会社は組合に要求したというが、これは転倒だ。経営責任を果たさないまま労働者に矛盾を押し付けるとはその経営自体の破産ではないか。ただ、飛行機会社の給料は高すぎるとか人があまっているとかタメにする噂がそのうち流れることは予測される。

詳しくは分らないが、ニッサンのゴーン社長の改革を誉める声が大きいが私はかねてから疑問がある。大船から平塚にかけてニッサン関係者がかなり住んでいる。こどもの友人の親御さんにもずいぶんいた。それが改革時かなり人員整理にあっている。人を減らして成功と言われるとかなりひっかかるのだ。

大伴昌司の少年マガジン巻頭図解の名作に「大空港」がある。往年の羽田の賑わいをドキュメントした作品だ。この企画のうらに大伴の恋がある。大伴は株で利益を得たとき自宅を改造した。そこにアパートを作り羽田に勤めるスチュワーデスだけを入居させた。池上から羽田まで近いこと、家賃の滞納がないこと、独身女性は部屋をきれいに使うこと、などを考慮して店子のえり好みをしたようだ。いかにも大伴らしい子どもっぽい発想だ。
 この住民との交流から大伴は大空港のアイディアを得たと思われる。そして、その中の一人のスチュワーデスと親密になった。母のアイさんは気がついた。
だがその恋は成就せず顕在しないまま、女性は結婚のため仕事を辞めアパートを去った。この話は母堂から聞いた。ウラは取れていない。残念なことにその人は最近亡くなったということだ。その人は日航のスチュワーデスだった。“デスの彼女”を大伴はちょっぴり誇っていた時期があったのだ。

 日航にがんばってほしいと思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

日航の悲しみ_c0048132_1610553.jpg
博多は昨日はれていた。かすかに沈丁花が匂っていた。思いがけなかった。
by yamato-y | 2006-02-28 15:38 | Comments(0)
<< 北陸トンネルの話2 もう一度投げたかった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧