人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大伴終焉の顛末

ウルトラ星に旅立った人7



 私が大伴の人生を昭和62年に番組で描こうと思ったのは、その奇怪な死と意外な経歴を知ってからだ。特に彼が亡くなったとき変死体扱いされたという事実は衝撃だった。

 1973年(昭和48年)1月27日新橋の新橋亭で日本推理作家協会の新年会が開かれた。恒例の犯人探しゲームが始まったばかりの午後8時、大伴昌司は倒れた。
少し気持ちが悪いと言って、青い顔した大伴が別室の控えの間に入ったときのことだ。ぐらっと揺れてそのまま畳に体を投げてしまった。従業員は声をかけすぐ介抱したが、容態は最悪だった。まもなく大伴は絶息した。

 この死について風聞が流れた。かねがね40歳まで生きられないだろうと大伴が吹聴していたので才能が枯渇する前に死を選んだのではないかとか、睡眠薬を過剰に服用したのはないかとか、持病の喘息が出て慌てて薬を飲もうとして量を間違えたとか、さまざまな臆説が飛び出した。

 実相はどうであったか――。
 薬を誤って服薬したあとは見られず、別室に入った途端倒れそのまま死に至ったことは従業員も目撃している。大伴の正体を知らない推理作家協会では連絡先も分からないので警察に届けた。そこで遺体はいったん最寄の愛宕署に運び込まれて行政解剖を受ける。死因は発作による心臓停止であった。この解剖結果については母四至本アイさんがしっかり記憶している。おそらく過労からくる心臓発作によって彼の命は絶たれたと思われる。

 この日、小松左京は大阪から上京しており大伴の亡くなる4、5時間前に連絡をとりあっている。推理作家の新年会が終わったらSFの作家たちと落ち合おうと大伴は約束していた。その時刻まであと30分というときに小松は大伴の訃報をうける。「嘘だろう」と小松は電話相手に言い返した。当時SF作家たちはよく冗談で人をかつぐことが多かったから、今回もそれだろうと笑い飛ばしたのだ。だが事実と分かって愕然とした。
 いっしょに会う予定であった平井和正や石川喬司にも連絡して皆で愛宕署へ駆けつけた。霊安室に安置されている遺体を見たとき唇にうっすら血がついていたことを、石川は覚えている。

 駆けつけた仲間たちは10年近い付き合いにもかかわらず彼の正体をまったく知らなかった。身寄りがないと信じていた。SF作家たちが金をもちよって皆で葬式を出すことになるだろうなあと小松は考えていた。

 翌朝、大田区池上の彼の家へ遺体を連れて帰った。小松たちが車から運び出そうとわさわさやっていたら隣接する家の老婦人が声をかけてきた。「息子がどうしたんですか」
小松も石川も平井も吃驚した。てっきり天涯孤独の身だと思っていた大伴は両親の隣に住んでいたなんて、思ってもみなかったのだ。
 常々、大伴は母アイさんに絶対親子だと名乗るなと口封じしていたのだ。仮に電話を受けることがあってもまるで下宿のおばさんのように振舞えと大伴は母に「命令」していたのだ。聡明なアイさんは面白がってそれを忠実に守っていた。それは功を奏して慶応の仲間たち以外仕事仲間は誰も大伴の正体を知らなかったのだ。

 今回、私はアイさんに喘息の持病について幼い頃からあったのかと聞いた。
 たしかに喘息はあった。例の戦争が始まる直前、アメリカから帰国する際太平洋横断はジグザグのコースを辿っている。そして高緯度のカムチャッカ諸島あたりまで移動したとき寒冷アレルギーからくる喘息症状を5歳の大伴は起こしたと、アイさんは証言する。ただ、それはたいしたことではなく成人になってからはほとんど発作はなかったはず。鼻が悪かったようで点鼻薬を使っていたかもしれないと語った。それも軽い薬だったという。つまり死因は薬の誤飲ではない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-26 18:26 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< もう一度投げたかった 汽車のデッキ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧