人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

汽車のデッキ

中学生の思い出

 雨の日曜日、朝寝しながら川本三郎さんの新しい本『旅先でビール』を読む。川本さんお得意の名もない町のぶらぶら歩きの記だ。
 エッセイ(この場合、身辺雑記を指す)の真髄は、読者をのんびり、ゆったりした気持ちにさせることと川本さんは喝破している。そのおすそ分けをいただき私も寝床の中でごろごろしながら、川本さんの旅のエッセイをここちよく味わっている。

「尾久駅」というエッセイで、操車場や寝台特急「北陸」など列車の話が出てくる。ふっと昔の蒸気機関車時代を思い出した。中学の頃、北陸線にはまだSLが走っていた(と思うが、ひょっとすると気動車だったかもしれない)。窓は自由に開閉できたし、デッキのドアは手動だった。トンネルに入って窓を開け放しておくと、よく眼に石炭ガラが入って往生したものだ。

 中学のクラブの遠征で福井まで行ったことがある。行きは担任に引率されたが帰りは自由行動だった。福井のだるま屋で貸し本マンガの『街』を買って夕方遅い電車でホッタ君と敦賀へ帰った。車中二人ははしゃいでいた。デッキに立って進行方向に顔を向けるとぐんぐん風が切れた。

 ホッタ君がデッキから身体を大きくのり出した。そのうち片手を離して得意げに身体をゆらゆらさせる。対抗列車がゴーッと通過した途端、ホッタ君の姿が消えた。慌てた。「落ちた?!」

 おーい、と言う声がした。隣のデッキにホッタ君はぶら下がっていた。通過する列車の風圧で隣まで流され、たまたまそこにあったデッキの取っ手を掴んだのだと、彼は言う。信じられない軽業だ。今もそれが事実であったかどうか分からない、が、たしかにホッタ君は目の前から消えて隣のデッキにぶら下がっていたのだ。

 一歩間違えれば惨事だったのだが、二人ともことの重大が分かっておらず、「アムナカッタナア」と顔を見合わせるだけだった。当時、デッキに片手でぶら下がるなんてことはよくやっていたので、そんなものだろうと思っていたのだった。

汽車のデッキ_c0048132_12384861.jpg


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-26 12:37 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 大伴終焉の顛末 昭和11年、雪の帝都 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧