人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

映画「クラッシュ」

映画「クラッシュ」
映画「クラッシュ」_c0048132_23115122.jpg

今話題の映画「クラッシュ」を見てきた。話題の映画だが単館上映で座席指定なので入館できるか心配したが、雨のせいか思ったより空いていた。でも席の7割は埋まっていた。人気は高いようだ。同僚の話では、『ホテル・ルワンダ』より数段いいということで期待した。

結果はたいしたことがなかった。星、3つ半。
内容は群像劇だ。しかも「因果は巡るおぐるまの」と言った連鎖劇だ。話があちこちありすぎて、映画を楽しむというところから遠い映画だった。まあ登場人物が多いわりにはよく個性が描出されているとは思うが。

監督としてミリオンダラーベイビーの脚本家が初のメガホンをとっている。これまで各賞を総なめしたと聞くが、それほどでもないというのが私の感想だ。

ただ、アメリカの多民族社会は外から見るほど楽観できるものではないという現実はよく分かった。心に残る挿話は貧しい白人の警官の境遇だ。人種差別をする警官自身、私生活では不遇をかこっていてやりきれなさが残る。その警官は老いた父と暮らしている。父は介護が必要な身体で排尿排泄がうまくできず苦しんでいる。妻にも捨てられ息子と二人のくらし。父の苛立ちはまざまざと実感した。わが身の行方を見た思いがしたのだ。
 だが映画は、その彼を救済している。このことで見る側も救われる思いがある。
逆に、この警官の相棒で良心的な若い警官は、そのリベラル行動にもかかわらず理不尽な運命に突入してゆく。このくだりには作者の冷徹な作家魂を感じた。

この映画を日比谷のシネマシャンテで見た。映画は7時前に終わった。映画がはねた後、ひとりで有楽町のガード下の焼き鳥屋でいっぱいやった。黒ホッピ-を焼酎でわりながら、ひとり反省会をやったが、やはりこの映画は面白いとはいえないと、結論をつけた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-20 23:01 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 春のにほひ 60年代のアイドル >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧