人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ウルトラの星に旅立った人②

大伴昌司の生い立ち
ウルトラの星に旅立った人②_c0048132_22163645.jpg



大伴昌司の伝説がかなり流布したので、今一度最初から彼の人生をたどっていこう。そうしないと彼の像が結べずパズルが解けないのだ。

 実は、私が昭和62年に彼を主人公にした「少年誌ブームを作った男」という番組を制作し放送されたことから、彼の存在が一般に知られるようになった。それまでは世間的には忘れられていた。というより彼の業績が多岐にわたったこと、当時(昭和62年ですら)は価値がないと思われた少年マガジンの巻頭特集や怪獣図鑑やCMフィルム時評といったサブカルチャーに彼の活躍領域があったことなどから、マスコミの本流からは無視されていた。彼と交流があった関係者やSF作家たちには記憶されていたが、それも全体像ではなく関わった部分だけしか知られていない。彼独特の秘密主義が彼の出自を不明にし業績もその全体像を掴むことは誰もできなかったのである。

私が取材を始めたのは彼が死んで14年経っていた。強い個性で彼に含むところをもっていた人も時と共に恩讐を洗い流してくれて私の取材に答えられる状況になっていたことも幸いしたのだろう。関係者の大半は取材に応じてくれた。そして誰も描きあげたことのない大伴昌司像を私は徒手空拳で、作っていったのである。今思えば大胆無謀である。

 例えば、そのときに私の独断で彼のグラビアを評価した。「大空港」「情報社会」という特集の秀逸性を言挙げし、「一枚の絵は一万字にまさる」というコピーをとりあげて時代を喝破したと、私はコメントした。彼が作り上げた怪獣のルーツなども私が「勝手に」推理した。
ウルトラの星に旅立った人②_c0048132_22165039.jpg
ウルトラの星に旅立った人②_c0048132_2217845.jpg
ウルトラの星に旅立った人②_c0048132_22172518.jpg

その後、大伴本が出版されたり大伴大特集が組まれると、必ず上記のような事柄が取り上げられ、私のテーゼが大伴の本質のように語られることが多くなった。何か私自身の眼力がよかったと言われるようで嬉しい反面、まだ私は大伴の本質を捉えきってないではないかという忸怩たる思いが残った。今もあるのだ。

だから、この機会にもう一度大伴昌司像を再検証しながら、実相をおいかけてみたいと思うのだ。むろん、番組を取材するように、きちんとした機動力も予算ももたないが、それでも少しずつ資料証言を集めて組み立てようと考えている。

本名、四至本豊治。父は戦前アメリカ通のジャーナリストとして知られた四至本八郎。母アイも女性新聞記者としてペンを奮った。父は大阪泉州の出身、母は福島県の出である。
四至本家は元来京都にあったようだ。家紋は菊のご紋を抱くような葉の構図であり、京都出自説を裏付ける。
 父についてまだ詳しく調べていないが、戦前アメリカに留学しかなりの知己をもった。この頃の体験からルーズベルト大統領の人脈などを描いた「ブレーントラスト」や「テクノクラシー」といった本を著す。当時ベストセラーになった。後にアイと結婚し1935年豊治を得る。

1938年、一家でメキシコへ渡る。父は商工省のメキシコ貿易斡旋所所長として赴任。一説によると備蓄石油の買い付けの仕事であったという。このとき、大伴はメキシコシティで異なる世界を見聞体験する。グァダルーペの黒いマリア像、大きな石の寺院などを見る。でも何より豊治少年の心をとらえたのはアステカの大ピラミッドであり石像だった。鳥のくちばしをもった怪獣の前から離れようとしなかったと、母は語る。父は当時すでに小型撮影機を所持していて、豊治少年のメキシコの行動を写しとっていた。私が番組の取材を始めたときそれが大伴の仕事部屋に残されていた。当然それを私の番組内で使用したところ内外から驚きの声があがった。

 この父の映像趣味は特筆すべきだろう。豊治少年に大きな影響を与えたに違いないのだから。さらに父は少年のために当時日本では入手困難なディズニーのフィルムを少年に与えている。戦時下ひそかにそれを見ていたと大伴は雑誌にちらり告白している。映像が強いインパクトをもつことは幼い頃から自分の眼で知っていたのだ。


 大伴と母は戦争勃発する2ヶ月前の、昭和16年10月日本へ帰ってくる。父は遅れたため開戦と遭遇しおよそ1ヶ月太平洋をさまよって帰国する。
戦時中、父はビルマの民政官として現地にわたり、残された母子は福島に疎開する。
戦争が終り、豊治少年は品川の御殿山小学校に入学。成績はよく当時始まったばかりの学校新聞に抜群の編集力を発揮する。その頃、彼の家庭教師であった星謙治を私は探し当て取材した。「よく勉強ができた。社会が得意であったがそれも理科的社会がよかった」つまり科学的な社会現象をとらえるのが好きだったのだ。ほかに星の印象にのこったのは天文学に対する強い探究心だったという。この家庭教師の助力もあって少年は慶応普通部に入学する。

 彼はそこで写真クラブに所属し、野山を駆け回って撮影する。そのときの指導教師ソノ先生が大伴に深い影響を与えたと言われる。ソノさんも早くになくなっている。当時を知る関係者を一人だけ母アイさんから、私は教えてもらった。近いうちに会いに行って話を聞いてくるつもりだ。この部分はだから「虫食い部分」にとどめておく。

ウルトラの星に旅立った人②_c0048132_22174163.jpg

メキシコのピラミッドの石像を見学する四至本一家。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-19 22:17 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 謎の慶大生 ウルトラの星に旅立った人① >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧