人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

人の世を生きる

人の世を生きる

簡単なようで難しいのが人生を生きることだ。高邁な人類の行方を考えていても、気が付けば日々のくらしであくせくする自分がある。そんなことは家来にまかせておけ、と大言したところで暮らしの垢や浮世の義理人情がべたべたとからみついてくる。

友人は、夫に癌が発見され、まだ独立まで間がある子どもをかかえて、どうすればいいか生き悩んでいる。若い友は春旅立ちの季節をむかえてもメドがたたず苦しんでいる。私はといえば、定年ショックから完全には立ちなおれず、行きつ戻りつしている。これは個人の人生の問題であって、世の中が悪いとか社会の責任とか言い募ることではない。

資料室へ行って本を返した。返却簿に記入するとき一段上の欄に、見覚えのある名があった。所属は考査室になっている。

彼とは32年前大阪の職場でいっしょだった。1歳上だが、入社は1年下。九州出身で服装にも無頓着で本を集めるのが趣味の学究の男だった。私は先輩風を吹かせて、あれこれ仕事の段取りを教えた。居酒屋で組合の話題になり、私はその官僚制を罵倒し、日米安保体制を批判した。彼はにやにやして聞いていた。時折、自分の意見を譲らない頑固なところを見せた。

その後、かれと私はまったく違う道を歩むことになり消息も途絶えた。30年ぶりに会社の廊下で見かけることがあった。少し太ってはいたが見覚えのある目だった。見つめると、その視線を外すようにして去って行く。人違いかなと思っていたが返却簿にその名をみつけて、あれはやはり彼だと確信する。考査室所属。複雑な思いが残る。

江国滋を読んでいたらこんな文章にであった。
《出版社には出版社の閑職というものがかならずあるはずで、定年まであと十年を残したいまの私は、まちがいなく窓際にすわっているにちがいない。(中略)
窓際にすわって、じっとたそがれを見つめている自分の姿を、もう一人の自分の目で冷静に見つめることは、すこしばかり勇気のいることだけれども、いったん見つめてしまえば、これも一生だ、という気がしてくる。》

人の世を生きてゆくのも、一つの人生。華やかであろうが貧しかろうが、とにかく与えられた人生を生き抜くというのも人生なのだ。ため息の一つや二つは道づれのようなものか。
夜来の雨が昼過ぎまでつづいている。寒さも先週ほどでなくなった。春は来る。きっと来るはず。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-16 14:30 | 30年の自画像 | Comments(0)
<< 大伴さんのお母さん アウシュビッツとパレスチナ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧