人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アウシュビッツとパレスチナ

パレスチナ問題

今、マルティン・ブーバーの『ひとつの土地にふたつの民・ユダヤ―アラブ問題によせて』を読んでいる。今年の1月末に出版されたばかりだ。

アウシュビッツの問いをずっと考えながら、当然のようにパレスチナ問題へと導かれてきた。
私は大江さんからW・サイードというアメリカに住むパレスチナ人を教えられ、その人の番組を3回制作したことがある。3本目は彼が病死する直前であったことも含めて、印象深い人物だ。彼から導かれたパレスチナ問題は思った以上に深かった。

アウシュビッツとパレスチナ――近現代において複雑にからみあい錯綜している。ここにまたアポリア(難問)がある。
アウシュビッツであれほど過酷な運命に遭遇したユダヤ人がなぜパレスチナ人に対してあれほど残酷になれるのか――。

私などは、第3次中東戦争以降しかその趨勢を同時代的に意識していないが、この問題は遠く1次大戦の頃に淵源があることを教えてくれる。今は知らぬ顔の半兵衛のようなイギリスらヨーロッパ列強がこの問題の原因に手を貸しているという事実。いわゆる、現代帝国主義の結果として起きたパレスチナ問題。当時の生々しい証言を、この著者ブーバーが果たしている。

高名な神学者であったブーバーは1920年代、住みなれたヨーロッパをあとにしてパレスチナの地に移住する。ユダヤ問題の要にあるシオニズムのうねりを同時代的に目撃しながら、果敢にこれを批判する立場をとり続けた人物だ。この著書は年代的に編まれ、彼の政治的ジャーナリスティックな文章が集められているとはいえ、やはり難しい。だが、断片として飛び込んでくる一節一節には心ひかれるものがある。

この集のかわきりに、ツヴァイクとの往復書簡から始まることは、私にとってはとても興味深い。
ついでに瑣末なことだが、ブーバーが住んだエルサレムの家は、かつてサイード一家が住んでいたものである。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
アウシュビッツとパレスチナ_c0048132_2158331.jpg

by yamato-y | 2006-02-15 21:54 | Comments(2)
Commented by 髭彦 at 2006-02-16 23:56 x
yamatoさん、こんばんは。
サイードの最晩年の番組を見ました。
あれをyamatoさんがつくられていたとは!
ブーバーがサイード一家の後に住んでいたことも知りませんでした。
Commented at 2012-12-26 10:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 人の世を生きる 春の雲、あれこれ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧