人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春の雲、あれこれ

もうひといき、春まで

春の雲、あれこれ_c0048132_14441044.jpg

春の雲が出ていた。相模野に出ると、冬の間くっきり見えていた大山、丹沢が霞み始めている。暖かくなっている。
冬の雲は単独で角の立った厳しさがある。春の雲ってどんな雲かというと、雲が重なり合って厚みを増している。春になると雲は大きくなりやさしい。

今年の春ほど、カズオミとシスカが待ち焦がれたことはなかっただろう。闘病を終えてむかえる春はいかばかりだろう。八十を越えたふるさとの母もこの冬の雪の多さにずいぶん苦労しただろう。もう一息だ。それぞれの人生に春は来るのだ。

「年たけて また越ゆべしと 思ひきや 命なりけり 小夜の中山」(新古今和歌集987)
西行が齢69歳にして再び小夜中山を越したことを生きる喜びとして結実させた句である。喜びとともに、来年以降越えることができるだろうかという、一抹の厳しさものぞかせながら、今年こうして越えることができたのも、命があったればこそと、西行は感謝している。

西行はきさらぎの望月の頃に死にたいといって、その日に死んだことは有名だが、これもシンクロニシティの一つだろうか。

長崎の26聖人の彫刻で高名な舟越保武がいる。八十過ぎまで生きられ先年天に召された。その夫人の道子さんはたしか今年89歳になられるはずだ。俳人、詩人としても知られる。 
その舟越道子さんが81歳のとき、亡き夫を偲んで作った句が、私の心をとらえて離さない。
    春の雲 流れ行く日や 夫恋し
言わずもがなであるがあえて書こう。夫恋しはツマコイシと読む。この句が80歳の老婆(失礼)であることに、驚きを禁じえないのだ。

ところで、春は「芽がはる」から生まれた言葉だとか。英語のSPRINGも春とバネと両義ある。これって同じだろうか。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-15 13:26 | ブロギニストのDJ | Comments(1)
Commented at 2006-02-15 15:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< アウシュビッツとパレスチナ 玉置さんの印鑑 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧