人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

偶然の一致

シンクロニシティ②
偶然の一致_c0048132_18235063.jpg

擬似科学のように考えてはいけないが、意味のある偶然の一致ということは人生にたしかにある。私自身でも1つ2つはある。こんなことがあった。

 五年前、イタリアアッシジに行ったときのことだ。北イタリアに入り車でアッシジに向かって南下した。最初は何もなかったのだが、アッシジの聖域に近づくにつれ左の手のひらが鈍い痛みを持ち始めたのだ。そして、ラベルナの修道院に入ったときそれはピークに達した。我慢しがたい痛みだ。でも、しげしげと手を見ても傷など見当たらない。

このことを同行した女性ディレクターに話すと、「いやだあ。まるで聖フランチェスコの聖痕(スティグマ)じゃないですか」と嘲笑う。そこで、フランチェスコがキリストと同じ十字架の傷跡をもっていたことを初めて知った。その伝説を真似たか、または意識過剰の状態じゃないですかと、その女史に揶揄された。

 そんなつもりは毛頭なかったのでこの偶然に私はたまげた。むろん、自分がそんな偉人でありたいなどという、大層な野望なんか抱いたことなんかない。かといって、自己暗示にかかるほど感受性がつよいわけではない。何より、聖痕のことは現地に来るまで知らなかったのだから、この事実をどう理解していいか、自分自身もてあました。

 大江さんのエピソードはよく知られている。
光さんが障碍をもって生まれたとき、若い大江さんは手術するか放置するか決断できないまま、仕事で(逃げるように)広島へ行った。そして広島日赤病院の重藤文夫副院長に会って、一つのエピソードを聞かされる。それは被爆直後の病院での出来事だ。

 重藤先生自身も被爆したが、瓦礫の日赤病院で不眠不休の治療看護にあたる。2,3日、先生は修羅場の中で生き残った医師や看護婦らとともに必死で働いた。
その中で、眼科の若い医者が衝撃を受けて、治療もできないまま、誰彼かまうことなく、「こんなことがあっていいんだろうか」と聞いて回っていた。重藤先生の元へも来た。すると、
 先生はこう言った。「傷ついて苦しんでいる人たちがここにいる。治療するより他ないじゃないか」と。若い医師はうなだれて聞いていたが、数時間後、郊外の山中で自殺した。

 この話は手術の決断ができない大江さんに響いた。「傷ついて苦しんでいる人たちがここにいる。治療するより他ないじゃないか」
重藤先生は、大江さんの個人的な状況を知っていて話したのではないことはもちろんだ。原爆病院の実相を世間に知ってもらいたいと願っているときに、たまたま若い作家が取材に来たのだ。そのとき、ほかのジャーナリストとは違うエネルギーを感じたと、重藤さんは奥さんに語っている。そして、その若い作家に問われるままかつてのエピソードを語ったにすぎない。眼科医の話もその一つだ。だが、その言葉は大江さんに響いた。

これを契機に、大江さんは東京へ帰り光さんの手術を決意する。こうして共生をすることになる光さんは、のちに大江さんの重要な文学のテーマともなり、ノーベル文学賞へともつながってゆくのだ。だから、この広島体験を大江さんは後に人生にジャストミートすると、書いている。

このジャストミートこそ、シンクロニシティとではないかと、私は思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-13 14:12 | 1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ | Comments(0)
<< ブタヤマさんたらブタヤマさん シンクロニシティ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧