人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

感謝!3万突破

感謝!3万突破

私のブログへのアクセスが本日で3万件を超えた。1年でこんなにたくさんの人とつながるとは思ってもみなかった。感謝している。
人生の限られた時間で、本来遇うこともなかった人と交わっているというのは、思えばフシギナことだ。でも、この遭い方は泣き虫の私には都合いい。

シュテファン・ツヴァイクの幼年時代を回顧した『昨日の世界』を読むたびに、その切ない思いに胸がふさがれる。ユダヤ人である彼は、後に<故郷オーストリア>を追われてゆくことになるのだが、これを書いた頃はまだザルツブルグにいた。そこのカプチーノ山の書斎で過ぎ去ったワイマール時代の懐かしい人や風景を愛惜している。こんなことなら出会わなければよかったのにと悔いる感情が底流している。この悲しみが数年後ナチの出現によってさらに悲劇性を帯びるとは本人は知らないが、後世を生きる私には分かる。それがせつない。

小学生の頃、目が覚めて悲しくてたまらないという朝があった。日曜学校で1年間教えてくれて上京していったゴトー先生のことを夢にみて思い出したのだ。先生は旅の人で絵を描いていた。親も先生の素性は知らなかった。
2月の雪の日曜日、先生はぼくらに別れのあいさつをした。「絵の勉強するために東京へ行きます、どうか元気でいてください。ぼくのことを忘れないでください。」と言って、「雪の降る町を」を歌った。田舎者のぼくらはぽかんとして聞いていた。気の利いた別れの言葉も言わないまま別れた。
 後で考えると先生もずいぶんセンチメンタルだと思うが、二度と会えないのだと思うと無性に悲しかった。

 今でもこういうところが、私にはある。それほど親しかったわけでもないのだが、過去の出会った人の消息が突然気になってしまい、手がかりがまったくなくもはや遭うことができないと分かると悄然としてしまうのだ。だから新しい出会いは、残り時間を考えるとしんどい。
むしろネット上のバーチャルな出会いこそ救われる。しかも、このようにたくさんのつながりが生まれたことは感謝に堪えない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

感謝!3万突破_c0048132_14463755.jpg

by yamato-y | 2006-02-11 13:21 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 日曜は詩を読んで 虹の足 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧