人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

作家の遺伝子

ユカ姫、もっとぶっ飛ばせ

作家の子供も作家というケースは多い。池澤夏樹や大岡玲、女性でいえば江国香織、吉本ばなな。小説でなくエッセーなら檀ふみ、阿川佐和子や藤原正彦と、その数知れず。皆話も面白ければ文章もうまい。檀ふみ、阿川佐和子らは本職は別にありながらユーモアがにじむ筆使いまで備えている。血は争えない。

斎藤由香も幸福なその一人だろう。しかも彼女の場合、祖父斎藤茂吉、父北杜夫とDNAは二乗の効果をもたらす。
彼女のエッセー『窓際OL,トホホな夜ウフフな朝』を1年前に読んですっかりファンになった。OLとしての日常を描いた作品は、あまりの馬鹿馬鹿しさにあきれるやら感心するやら、さすがマンボーの娘と感じ入った。

サントリーの健康食品事業部に勤めているユカは健康食品「マカ」の自称キャンペーンガールだ。マカというのは精力増強剤である。この新しい商品を売り込む様子が前作ではテンコ盛で書かれていた。商品が商品だけにあられもない話があけすけに、この深窓の令嬢の口から飛び出してくる。おまけに職場の人間模様もここまで書いて大丈夫かと心配したくなるほど、駄目上司や変わり者研究員が次ぎ次と登場する。

昔からやんごとない方の下々の体験というのは物語のパターンの一つではある。特に姫君ものでは、「ローマの休日」の王女とあんみつ姫が燦然と輝く。窓際OLユカ姫も堂々その王道を走っていた。

今回、新しく出た続編『窓際OL、会社はいつもてんやわんや』もおおいに期待した。目次を見ても「蹴りたいチンポ」などと過激な字がある。ぱらぱらセリフに目を通すと「硬化バツグン!愚息ムクムク」など活字が躍っている。

 一読。おもしろくない。つまらない。前作にそこはかとなく漂うユーモアが、今回は押し付けがましいくらい馬鹿ばなしになった。特に海外出張の篇などは、単なるOLの旅行記でしかない。ナンデイ、ビギナーズラックカヨ
血統で能力は決まらないと知って馬の骨としては安心した、と嫌味の一つも言ってみたくなる。

でも当のご本人もそういう口さがない連中がこの世にはいることをようくご存知のようで、以下のようなエピソードを書いてもいる。
これも2世落語家の林家こぶ平のユーモアをユカ姫は紹介しているのだ。
《「競走馬とかけて、林家こぶ平と解く」
「その心は?」
「血統だけでは走らない」うまい!》
このうまい、という掛け声はユカ姫でありまする。姫、なかなかやりますなあ。それじゃあ次作に期待しようかな。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-02-04 13:33 | ブログコミュニケーション | Comments(0)
<< 荻窪で、今夜 愁眉を開く >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧