人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

忘れない

アウシュビッツで生まれた問い②

ビルケナウ収容所を見学した後、学生らはびっくりするほど何も感じない自分を発見する。ナチが計画した通り、ここにはまったく何もなかったというふうに消し去られたわけではない。部分であれ遺構はあり遺品もある。だが、訪れたときアウシュビッツは一面白銀の世界だった。冬の極寒を経験してアウシュビッツの凄まじさを知ろうと計画したことが裏目になる。おぞましいと思っていたものが、美しいのだ。

「ここは現世ではないね」とアヤカさんは口にすると、男子学生が「いや、現世だよ」と反論する。反論しながら彼も居心地が悪い。
アヤカさんも自分に言い聞かせる。《そう、現世なのです。あの狂気もこの穏やかさも。
信じられないほどの惨劇は、現実にこの穏やかな世界で起こり、狂って死にそうなほ
どの狂気は、現実にこの日常で確実に「生き」られていたのです。S・Sも、「ユダヤ人」も、殺しながら、殺されながら、確かにそこで生きていたのです。それがすでに正気なのか狂気なのか私には分かりません。》

偶然だろうか。今日、アヤカさんたちのグループとは別の学生セキ君からメールが届いた。彼は休学してひとりで世界を見てきたと報告する。その中にやはりビルケナウで戸惑いを感じていた。彼が訪れたのは雪のない緑の季節だったようだ。
《アウシュビッツとビルケナウも訪れたのですが、のどかな緑と補修され綺麗な建物か
らは直接にはおぞましさは感じられず、当時の悲惨さも想像で補うしかなく、まるで
映画のセットの様だと感じました。かつてビルケナウは湿地帯で衛生状態も最悪だったと聞きますが、現在の綺麗な芝生からはそれは想像できません。
あれほどの悲劇があったのに、その痕跡はどんどん消えてしまうのか、と。》

彼はここ以外にもワルシャワ、ゴラン、ベイルート、など紛争や殺戮のあった場所をめぐっている。そして、歴史を見るという行為自体、記憶する事は、それがたとえどんな大きな出来事だとしても、かなり労力を伴う挑戦だと感じるのだ。
《ゴラン高原も今はもうのどかな緑が広がり、そんな中、瓦礫が草っ原に飲み込まれつ
つ点在している。あと30年、現在のアウシュビッツと同じだけの時間が流れたら、そこには殆ど痕跡は残っていないかもしれない。どんな出来事だろうと、放っておけば完全に消え去ってしまう。どんな悲劇でさえ、語る事と、記録する事。それでしか残せない。そしてその行為は非常に難しい。》

唐突だがヒロシマについて考えたい。世界中でよく知られた日本の都市の名は、東京についで広島だ。被爆の聖地として訪れる外国人は街があまりにきれいなので驚く。
1994年夏,大江健三郎は原爆資料館へ長男の光を伴ってゆく。大江は長く光を連れてゆくことに躊躇いがあった。知的障害をもち、死に対して人一倍敏感な光をそこへ連れ出すことは酷なことであり、無用な混乱を与えるだけだと考えていた。だが、その光も33歳となり作曲家としても独り立ちするようになった。音楽という、彼の「言葉」ももてるようになった。
今なら、光はヒロシマのことを受け止めることができるだろうと大江は考えた。しかしまったくの準備なしで資料館を訪れたわけではない。東京の自宅で大江は数回にわたり光にヒロシマで何が起きたかをレクチャーした。
そのうえでの訪問だったが、やはり光は資料館に入ることを嫌がった。被爆資料が展示されている部屋に入ることを怖がったのだ。おびえる光に「大丈夫だよ。パパもいっしょだよ」と大江は励まして展示室を見て回る。

見終わったあとの光は展示された品々に打ちのめされていた。大江は「どうだった?」という呼びかけにもすぐには答えられないほど、光は衝撃を受けていた。
やがて、たった一言「すべて、だめです(し)た」。この返事については、「ゆるやかな絆」で大江はくわしく書いている。

 大江は光にアドバイスする。「見たことは忘れないでしょ」
「忘れないということはとても大事なことなんだよ」と大江は励ます。

この大江の言葉が、今甦ってくる。
「忘れないということはとても大事なことなんだよ」

アヤカさんらも収容所に保管された犠牲者の髪の毛には衝撃を受けるのだが建物場所に違和を感じている。歴史施設として整然と公開されるその建物に違和を感じながら、髪の毛のおぞましさはアヤカさんの内面にざらりと張り付く。張り付いたことは忘れない。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-01-30 13:23 | 魂のこと | Comments(0)
<< アウシュビッツ証言者、プリーモ... 団塊は老人か >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧