人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

朗らかな歌声の中に

立川清登

1985年の大晦日に、バリトン歌手立川清登が急死した。
当時、私は長崎にいて葬儀に駆けつけることもできなかったが、テレビのワイドショーでその様子が報じられて、去ってゆく霊柩車に向かって思わず頭を下げたことを思い出す。

東京にいた頃、子どものための音楽番組「うたって・ゴー」の制作に参加していた。そこに立川さんがレギュラーで出演していた。私は新米ディレクターで演出も下手くそだった。つい無理なお願いをすることも一再ではない。が、立川さんは一度も嫌な顔をしたり照れたりしなかった。子どものために本物の歌を歌ってあげたい、それが立川さんの願いだった。

 だが、歌に関して、音に言葉に頑固だった。例えば、立川さんの同郷の作曲家滝廉太郎の「荒城の月」にはこだわった。教科書に書かれてある楽譜と違う歌い方になるのだ。
♪春高楼の花の宴・・・  宴の、「エンーm」は、滝が書いた通りに歌わなくてはと半音の入ったメロディをけっして譲らなかった。美しい日本語の発音ということをさかんに語っていた。

 立川さんはそそっかしい人でいつも小さな失敗をしていた。歌詞を覚えるのが苦手だった。毎週新しい歌を歌ってもらうたびテレビの本番ではカンニングペーパーを用意した。それも小さな字では間に合わずだんだん大きくなり、ついには1畳ほどにもなった。ADは操作にふうふう言っていた。

この頃、音楽番組といっても生番組ではなくビデオ収録なので、あらかじめ録音して本番ではそれに口を合わせるのだ。その音樂録音のとき、オーケストラの伴奏を先にとって後からボーカルを重ねるのだが、その伴奏のことを空オケと呼んだ。便利なものがあるものだと、80年代初頭の私は考えていた。それから3年も経たないうちに、酒場のカウンターにカラオケ装置が出現し、あっと言う間に世界へ広がってゆく。

明るく朗らかだった立川さんだが、難しい顔をして思いふけっている姿があったことを今思い出される。晩年の立川さんはそういえば何かに苦しんでいた様子があった。そういうことを私は記憶から排除していたと、今になって思うのだ。
どんな苦しみだったのだろうか。人には見せない、もう一つの顔・・・。でも、歌声は本当に明るかった。季節々の歌を歌ってもらうのは、子どものためでなく私自身の慰めにもなった。

まもなく春が来る。ちょうどこの頃の歌は「花の街」が定番であった。

七色(なないろ)の谷を越えて
流れて行く 風のリボン
輪になって 輪になって
かけていったよ
春よ春よと かけていったよ

すみれ色してた窓で
泣いていたよ 街の角(注)で
輪になって 輪になって
春の夕暮(ゆうぐ)れ
ひとりさびしく ないていたよ


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2006-01-27 13:54 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< アウシュビッツ・美しい白銀の世界 パンクラス・真剣殴り場 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧