人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

雪の別れ

安江良介、生と死⑤

1998年1月12日、安江良介の葬儀が青山葬儀所で行われた。

その冬2回目の雪が東京に舞った。朝から冷たいみぞれが降っていた。12時過ぎ会社を出て青山に向うと雪が一段と激しくなる。
12時20分、弔問の列に連なる。12時30分葬式が始まる。3人が弔辞を読んだ。政治学者坂本義和、大江健三郎、池明観。それぞれ心に残る内容だった。

坂本義和、「あなたに後を託そうと考えていたのに、これでは順序が違うではないですか、」冷静な坂本が感極まっていた。かつて大村収容所から取材して帰った安江が示した態度を、坂本は覚えている。「同じ人間でありながら、どうしてこれほどひどいめに遭わなくてはいけないのでしょうか」と安江は怒ったように言ったのだ。

大江健三郎、「悲しみに沈んで降る雪を見つめていたとき、息子の光が声をかけました。〈沢山の本を読んできました〉そうだ、私には本がある。そう思って悲しみを癒すために読んだのはプルーストだった。アナクロニズムという重要な言葉をプルーストは使っている。それは時間があちらこちらと飛ぶような意味が本来だ。ぼくも安江君と過去、未来、現在にわたっていきいきと出会うことを考えた。」途中で断ち切られたような人生でもよく見ると豊かな達成がある。

池明観、「安江さんは分断された南北朝鮮のことに対して一生痛みを持ち続け、韓国における軍事独裁政権について悲しい思いを抱き続けました。安江さんはこと朝鮮に関するかぎり、一度も非難されたり欠点を指摘されることがありませんでした。韓国人の一人として私の民族にも非難すべきことが、数多くあることを私はよく知っていましたので、今でもそれが不思議に思えます。」安江のバランスをとるということは、強い者にも弱い者にも同じ比重を置くことでなく、弱い者を強めることであるという思想を安江がもっていたことを池は明かした。

雪はますます激しくなった。周囲の森も見る見る白くなる。千人の献花の列が続いた。そして、雪の中を人々は帰っていた。雪は金沢生まれの安江にはふさわしい。私は金沢で後に開かれたお別れの会のために映像を編集した。その最後に、安江の俳句を添えた。

咲く花に姿正せと粉雪舞う

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

雪の別れ_c0048132_23165966.jpg

by yamato-y | 2006-01-22 23:12 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< 授業に出演した頃 死去した日-1998年1月6日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧