人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

それでもYESと言いたい

それでもYESと言いたい


昨夜から喉の調子が悪く、帰宅時から声がかすれはじめベッドにつく頃になって咳が止まらなくなった。夜中何度も目が覚めた。しかも寒さは厳しかった。
今朝目覚めたら雪が降っていた。音もなく清楚な粉雪が舞っていた。庭に10センチほど積もった。天気予報どおり、今年一番の寒気が湘南にも侵入したのだ。

 中島義道『私の嫌いな10の人びと』を読んで複雑な思いをもった。本のオビには「いい人の鈍感さが我慢できない」とある。著者のことは以前から2冊ほど読んで知っている。日本の音環境(騒音)に腹をたてていて、駅構内の無用なアナウンスに本気で怒っていた。言っている趣旨は肯うものがあるものの反応の仕方がいわゆる常軌を逸しているかんじが残った。変わった人だなあという印象がある。この人は現代の日本社会からいささか逸脱していると感じた。

さて、氏が挙げる10の嫌いな人びとの中で、5つのタイプが私にズシンと響いた。1、みんなの喜ぶ顔が見たい人 2、いつも前向きに生きている人 3、自分の仕事に「誇り」をもっている人 4、「けじめ」を大切にする人 5、「わが人生に悔いはない」と思っている人。

 中島氏は偽善的なこときちんと考え抜かない人に対して、そのいい加減さが我慢ならないようだ。例えば、「喜ぶ顔を見たい人」――その願望は自分のまわりを自分の好ましいように整えたいというエゴイズムだと見る。ただし、氏は自分の考えが今の社会ではなかなか理解されないし、自分もエゴイストであることを自覚はしている。《もちろん、私も筋金入りのエゴイストですが、少なくともそれに気づいている点、ましだと言えましょう。》

 ボランティアや難民救済などいわゆる美徳は実は悪意や鈍感に裏打ちされたものではないか、通り一遍の紋切り型道徳こそ排他的で暴力的ではないか、という彼の主張は分からないでもない。

 中島氏自身、親が死んだときも悲しくなかったし親戚付き合いも断ち切ったし妻(たしか別れたと思うが)や息子の顔も見たくないと宣言する一方、「24の瞳」で演ずる高峰秀子の泣き虫先生が大好きだと語り、幼い愛児を亡くした悲しみを歌う中也の詩に涙ぐむ。
 授業負担を減らすために会議をえんえん続ける教師のあほさ加減、迷惑をかけないで生きよと説くことの残酷さ、賭け事につまらなさを覚えること、など私が共感する点も少なからずあるのだが。
中島氏は分かったうえで、美徳のもつ胡散臭さを嫌悪する立場をとるとしても、やはり私は彼が揶揄する「偽善的」美徳をもつ人の側に立ちたい。

嫌いな10人の最後の10人目、「わが人生に悔いはない」と思っている人について少し考える。私は以前ブログでこのタイトルの文章を書いた。癌を宣告されたタクシー運転手の最晩年を描いた番組についてだ。だから、この部分にこだわるのだが。
 悔いはないなんてことを言う人は過酷な人生を送った人にこそ似合うと氏は言う。不幸な中で死んでゆくとき、オレの人生は無駄だったということを口にすると、まわりはこぞって「そんなことはない」と全否定するもんだ。こうして本当は悔いをもっているのだが、それをまわりが止めて本人も納得すると、集団催眠は成功したことになると、氏は分析するのだ。
 これは死んでゆくものが感謝しているというストーリーを作り上げて残された者が安心するためという。もし死んでゆく者が人生を恨んだりすると、残された者は後味が悪くなるから。死んでゆく者にとっても最後にこんな人生嫌だったと白状したところで、何もいいことはない。だから、仮に嫌だと思っていてもぐっと腹に収めて「人生に悔いはない」と言っておけば、死ぬものもまわりも皆助かる。――こういう欺瞞が我慢ならないと、中島氏は語るのだ。

 ――でも、いいではないか。負け惜しみかもしれないし残された者の身勝手な論理かもしれないが、「人生に悔いはない」と言って四方が丸く収まり納得するなら。
もし、最後の場面でがたがた騒いだら状況が変わるのか。病が癒え人生にやり直しがきき周りが喜ぶのか。
 死ぬときぐらい本音でいたいとうそぶくのはガキのようなわがままではないだろうか。
中島氏が別のところで記すように、人生とは過酷で厳しいもの。だからこそ、死ぬ間際も死んでからも見栄をはって、「人生にYES」と意地をはって、死に延びてやろうじゃないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

それでもYESと言いたい_c0048132_209581.jpg

by yamato-y | 2006-01-21 13:24 | Comments(0)
<< センターテストの日 アウシュビッツからの報告 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧