人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

鶴子さんの怒り

女と戦争④

 清水鶴子さんは幼子を抱えて、戦後一人奮闘した。だが、世間は彼女のことを表面的には同情してくれたが、何かがあると二言目に戦争未亡人だからなあという嘲りと学歴の足らないものという不当な侮りを受ける。女学校を出たあと文検に合格していて大卒と同等の資格をもっているはずというプライドをもっている鶴子さんにとって現実は厳しく、その仕打ちは耐えがたいものであった。鶴子さんは心中に大きな怒りの炎を燃やしていた。それが激烈な言葉となって、時々迸った。

鶴子さんは戦前の人らしく、どこか封建的な部分を残していた。戦後の苦難に対しても過剰に不条理を感じていた。こんな人生のはずじゃなかったのに、というルサンチマンがあった。

番組のもう一人の主人公吉岡しげ美さんは鶴子さんの全短歌を読み通してとまどいを感じた。
「あれほど美しい祈りに満ちた戦前の歌に対して、戦後の作品は鶴子さんの女の嫌な部分が目に付いてしかたがない。なぜなのだろう。」
この疑問を解くために、吉岡さんは鶴子さんと縁の地を歩くことになる。夫の故郷の越後高田、新婚時代を送った同潤会アパート、疎開の今諏訪村…。そして、その旅で夫の蔵書印がある書物に出会ったとき、鶴子さんは人目をはばからず泣いた。その姿を見た吉岡さんは、夫の戦死以来鶴子さんは心に鍵をかけて生きてきたことを知る。

鶴子さんは満州で長男恒を失う。時に1歳5ヶ月。自家中毒症だが戦時ということがなければ起きない悲劇だった。吉岡さんも同年の子供をもっている。母としての哀しみが痛切なほど伝わった。「君死にたもうことなかれ」や「私がいちばんきれいだったとき」など名作に音楽をつけて歌ってきた吉岡さんが、鶴子さんの短歌に曲をつけた。そして、池袋の会場で歌った。鶴子さんは客席で吉岡さんの歌声にじっと耳を傾けていた。
一すじの煙となりし吾児の骨 夫と拾いぬ北満の丘

次の年の夏も、その次の年の夏も、8月が来ると、鶴子さんの投書が朝日新聞の声欄に戦争未亡人の声として載った。戦争の無残さを怒り二度と起こしてはならないと訴えていた。鶴子さんは今年も元気だと新聞を広げては思ったが、その数年後この世を去り、念願の弘さんと坊やの恒ちゃんが待つ国へと、鶴子さんは旅立った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

鶴子さんの怒り_c0048132_232637.jpg
歌う吉岡しげ美さん
by yamato-y | 2006-01-09 23:16 | シリーズ作品回顧 | Comments(1)
Commented by この人の孫娘です at 2011-03-21 21:37 x
そうです。投稿魔の血や容姿や性格は、コピーのように、私が受け継いでいます。子連れでも、再婚離婚を繰り返す人が多い中、この人は戦死した夫のみを愛しぬいた点はすごいと思っています。一途に貫いてくれてよかったと思っています。
<< スノウマスク 悪徳業者 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧