人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

空の箱

女と戦争③

清水鶴子さんの本当の苦労は戦後だった。終戦後まもなく弟が宮古島で戦病死したということが伝わる。
戦地に行った夫からは何の連絡も入らない。やがて、義弟から東京へ来ていっしょに住まないかと誘いをうけ、鶴子さんは娘ユリコの手を引いて上京した。世田谷に住むことになる。

 ある日、夫の部下だった兵隊から手紙が届いた。それによれば、夫弘は昭和20年3月、ルソン島バタンガス峠の戦闘で迫撃砲弾を受け戦死したとあった。1ヵ月後、戦死の公報が入り慰霊祭をやるから増上寺まで来るようにと知らせてきた。
 当日、鶴子さんはユリコの手を引いて参列した。蝉しぐれの中で、「陸軍主計中尉、清水弘之霊」という遺骨箱を受け取る。箱を揺するとかさこそと音がした。
帰宅して箱を開けると白木の位牌が一つあるだけだった。遺骨はおろか現地の土すらなかった。鶴子さんは庭に出てその箱をたたきこわしてから火をつけた。《その煙の行方を、ぼんやりと放心したように見つめていた。白い細いひとすじの煙は、段々と薄くなって、遂に消えた。》

昭和32年春、弘は英霊として靖国神社に合祀されたが、鶴子さんは夫を自分の元に取り戻したいと願っていた。いつか夫の墓を建てたいと年金をこつこつ貯めていた鶴子さんだが、法は冷たかった。「戦死して遺骨のない者には、埋葬許可もでないししたがって墓地の分譲もできない」と拒否されたのだ。
 その鶴子さんに私は何かしてあげたかった。せめて弘の戦死の状況だけでもきちんと教えてあげられないものかと厚生省援護局で彼の戦歴を何日もかけて調べた。海上挺身基地第14大隊ということが分かった。東北出身者を中心とする部隊であった。そこの生還者を追った。当時准尉だった人物鎌田さんが仙台にいることがわかり連絡をとった。銀行の監査役をしている鎌田さんは近々上京するということで私は約束をとりつけた。
 鎌田さんはホテルニューオータニでのパーティに出席するので、その合間なら会ってもいいということだった。当日、私は鶴子さんをオータニへ連れて行った。戦友に会えるということで鶴子さんもいつもと違って緊張していた。

 パーティ会場をぬけてきた鎌田さんと鶴子さんはエレベーターホールの前で会った。当時まだ取材力がなかった私は、このままエレベーターに乗りこんで会話が続くと予想していない。二人は挨拶もそこそこに場所を移そうとエレベーターに乗り込んでしまった。ずっと録音機のテープは回っている。鎌田さんは突然清水中尉の戦死の状況を話し始めた。鶴子さんは言葉を失うが時折あいづちをうつ。声が震えている。清水弘の最後の言葉は「どうぞ皆さんがんばってください」ということを鎌田さんは鶴子さんに告げた。鶴子さんは手を堅く握り締めて鎌田さんの言葉を聞いていた。

 後刻、テープを再生して愕然とした。肝心のエレベーターの中の会話はエレベーター音が邪魔をしてほとんど聞き取れないのだ。これはテレビではなくラジオ番組なのだ。音が録れていなければまったく表現できない。今なら取材のための状況を判断するだろう。エレベーター使用はひとまず回避して二人の出会いを収録する手立てを考えるだろう。
 私はプロデューサーからひどく叱られた。

 だが、鶴子さんからは深く感謝された。ずっと心にひっかっていた弘の最期を知ることができて、胸のつかえの一つがとれた気がすると素直に喜んでくれた。
 番組が放送されて以降も、清水鶴子さんとの交友は続いた。時折、銀座の三笠会館や資生堂などへ私を連れて行ってくれてご馳走してくれた。その折でも、いつもこの戦友との出会いのエピソードを思い出して、私の助力を大いにに評価してくれ礼を述べられた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

空の箱_c0048132_21504689.jpg

by yamato-y | 2006-01-04 21:43 | シリーズ作品回顧 | Comments(2)
Commented by 鶴孫 at 2008-12-10 07:26 x
祖母の本を読んで頂き、ありがとうございます。本当に運命が変わってしまった事を80歳の時、3月の朝にトイレの入り口で心臓発作で誰もみていない時に祖母は、1人逝ってしまいました。まだ温かったので「おばあちゃん」と何度も叫び、パニックになりました。でも一生愛し抜き再婚もしなかった祖母は、やっとヒロシ祖父に逢いに旅立てたのだとも思えます。
Commented by 鶴孫 at 2008-12-10 07:27 x
先の文章が変でした。「本当に運命が変わってしまった、死ぬまでの80歳まで聴いていました。」が正しいです。失礼しました。
<< 初出勤 桑畑の中の長い道 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧