人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

戦争未亡人

女と戦争①

 毎年、賀状を見るたび今は亡き清水鶴子さんのことを思い出す。毎年律儀に呉れたのだが、その文面はいつも同じ繰言だった。
「おめでとうございます。お元気のようでなによりです。私はといえば、夫と長男に先立たれ残された娘も嫁いでからは疎遠となり体も日に日に弱り、生きていてもしかたがない身の上となりました。このうえは一日でも早くあの世へ召されて、天国にいる夫と愛しい児に会いたいと思うばかりです。」
何も新年からそんなことを言うこともないだろうと思いつつ、清水さんの淋しい境遇を思えば無理もないと同情したものだ。その清水さんも亡くなって今年で15年になる。

 私が初めてドキュメンタリーらしいドキュメンタリーを作ったのは1982年のことだ。それまで番組は作っていたものの子供向けの音楽番組だった。その年の夏にラジオのドキュメンタリーシリーズで初めて挑んだ。タイトルは「女と戦争~ひとすじの煙」。主人公が清水鶴子さん(73)だった。

清水さんはあの戦争で愛する3人の男を失った。夫はフィリピンで戦死。息子は北満ハイラルで病死。弟は宮古島で戦病死。状況の違いはあれ戦争が清水さんから3つの命を奪った。その過酷な体験を清水さんは『軍靴の音よさらば』という本に著した。1981年のことだ。

 清水さんは山の手のお嬢様として幸せな少女時代を送ったが家業不振で没落。職業女性として働くとき清水弘と出会い結婚。夫は嘱望される少壮の経済学者だった。やがて夫は1次召集され北満ハイラルに赴任する。そこで長男恒が生まれ幸せが訪れたかにみえたが、長男は突如肺炎となり急死、わずか1歳半だった。清水さんの哀しみは深かった。満州の赤い夕陽が落ちる野に夫と二人で愛児を焼いた。
ひとすじの煙となりし吾児の骨夫と拾いぬ北満の丘

清水さんの悲劇は終わらない。いやむしろここから始まったのだ。この続きはあらためて稿を起こそう。

ところで、この私にとって初めてのドキュメンタリー番組についてもう少し書き足す。これはラジオだが一応夏の特集番組だった。作品性の高いものを求められた。私は清水さんの苦難の道を辿りながら、もう一つ番組の流れを作ろうと考えた。そこで登場したのがシンガーソングライターの吉岡しげ美さんだった。吉岡さんはこの数年前から「女と戦争」というテーマでライブコンサートを開いていた。その彼女に清水さんの旅に同行してもらうことにした。そして旅の最後に、吉岡さんに清水さんの戦争短歌を歌ってもらおうと考えたのだ。
清水さんと吉岡さんと私の3人旅は都内の各地を巡り、山梨県まで足を伸ばすことになる。清水さん母子が疎開した地である。
1982年夏、私たちは歩き続けた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

戦争未亡人_c0048132_2191857.jpg

by yamato-y | 2006-01-04 02:11 | シリーズ作品回顧 | Comments(2)
Commented at 2006-01-26 20:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 清水鶴子の孫娘です at 2019-05-21 09:05 x
没落お嬢様が大恋愛で結婚した弘祖父との間の恒兄をハイラルで亡くし、その後産まれたユリコ母は弘祖父そっくりの顔。弘祖父はルソンで戦死。実際に鶴子・弘が一緒に夫婦で暮らせた時間は本当に短い。再婚もせず一生弘を愛し続けた姿を間近でみていました。本の最後にあるクリスマスのジルグルベルが自分には無縁のようなことに思えたとあります。が、ユリコが産んだ鶴子にとって初孫の私が鶴子そっくりなため可愛くて可愛くてたまらなかったようですっかり元気になってしまったことをお伝えしたくてコメントさせて頂きました。
<< 桑畑の中の長い道 もの忘れがひどい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧