人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

長崎の斎藤茂吉

長崎の斎藤茂吉

茂吉は長崎の医専に勤めていたことがある。大正6年のことだ。その頃詠んだ歌が今も長崎では語り継がれているが、アララギの同人として長崎の歌人に大きな影響を与えた。
当然のことながら、医専の学生たちにも彼を慕う者は多かった。

その一人の家から、私は茂吉の歌を発見したことがある。大久保仁男という医学生の実家だ。大久保家というのは長崎戸石の名家で代々諫早藩の医者の一族だ。3代前の人物は順天堂大の前身の創立に関与していた。

 大久保仁男は医専の短歌会に参加し、日吐男と号していた。在学中から結核を病んでおり茂吉が帰京して3年後にこの世を去っている。その訃報にふれたとき茂吉が彼のために詠んだ歌。
 きぞの夜もねむり足はず戸をあけて霜の白きに驚きにけり

この歌のことは遺族も知らなかった。茂吉が歌集「あらたま」を出版したとき、本の扉に書いて大久保家に贈ったらしいのだが誰も本の内側にそういうものがあるとは知らず60年以上経っていた。
ひょんなことでその家の親戚と私は友達になり旧家と聞いて、一度蔵などを拝見させてほしいとお願いしたことからこの僥倖に出会ったのだ。これは一応九州ローカルのニュースにはなったのだが、それほど話題は広がらなかった。ただ医者の中には短歌をする人が多く、専門誌で紹介された。

この歌を私はこう理解した。〈昨夜もねむることが出来ず、ついふらりと立って戸を開けにいった。驚くではないか、霜が降りて白く光っていた〉
秋霜烈日ではないが、厳しさに背筋が伸びるような歌だ。血を吐いて逝った若き弟子に手向けた、茂吉の挽歌だと私は思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2006-01-03 02:23 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< もの忘れがひどい 賢者の面影 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧