人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

書棚の掃除

古い詩集たち

年末とて部屋を掃除する。普段使わない書棚の奥まで雑巾をかける。そこに若い頃読んだ詩集や詩論があった。金井直、永瀬清子、石原吉郎、荒地、山家集、石川逸子、吉本隆明…。懐かしくなり手にとる。ちょっとのつもりがいつのまにか読みふけっていた。

石原吉郎―シベリアに抑留され、その体験を見つめ続けた。彼の語句「生きること自体が人間にとって不自然である。」その詩「おれよりも泣きたいやつが/おれのなかにいて/自分の足首を自分の手で/しっかりつかまえて/はなさないのだ」

石川逸子―長く広島、長崎のことを見つめてきた元教師。その詩集「千鳥ケ淵へ行きましたか」を1986年に私は手に入れた。「赤ん坊をあやしていた 中国人のあなたを/妻子に頼られてた 朝鮮人のあなたを/腹を撃たれた マライ人のあなたを/漸くにして想う
千鳥ケ淵で」

吉本隆明―1967年に詩集を買った。食わず嫌いだったから好奇心でだ。一篇の詩にひかれた。「ユウジン その未知な人/いまは秋でくらくもえている風景がある/きみのむねの鼓動がそれをしっているであろうとしんずる根拠がある」

富岡多恵子―こんなのが詩でいいのかと訝しく思いつつひかれた。「とりあえず/なにをするべきかと思ってみるに/まあゆっくりオシッコでもして/それから靴下をベッドの下からひっぱりだす/あんた」

田村隆一―カッコウつけていたな。サントリーのCMにも出演していた。「ウイスキーを水でわるように/言葉を意味でわるわけにはいかない」

鷲巣繁男―美術番組を担当する先輩がこの人に私淑していた。知る人ぞ知る人だった。この人を通してイコンを初めて知った。「いたるところに焔が逆立ってゐる。/春の枯草の原、/まぼろしのやうに人人が火をうちすゑてゐる。」

そして書棚の奥にひっそりと黒田三郎があった。

たかが詩人

あなたのお人形ケースにしても
あなたの赤いセータアにしても
あなたが勝手に人にやってしまうには
なんといろいろの都合の悪いことが
この世にはあることだろう
きっとあなたそのものも
あなたが勝手にひとにやってしまうには
お人形ケースやセータアと比べ物にならぬくらい
いろいろの義理や
都合の悪いことがあるのだ
欲しがってはならないものを欲しがった後の
子供のように
僕は夜の道をひとり
風に吹かれて帰ってゆく

新しい航海に出る前に
船は船底についたカキガラをすっかり落すという
僕も一度は船大工になれると思ったのだ
ところが船大工どころか
たかが詩人だった

読みふけっていてふと気がつくと、日が翳って部屋はすっかり薄暗くなっていた。ああ、今日も部屋を最後まで片付けることが出来なかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-12-30 16:30 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 2005年はどんな年 葉祥明さんとのイタリアの旅③ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧