人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

葉祥明さんとのイタリアの旅③

ラヴェルナ修道院の朝

朝の光が美しいだけでなく深いエネルギーを持っているということを教えてくれたのは葉祥明さんだった。
葉さんは旅の間、いつも早起きして朝の光を浴びていた。両手の平を太陽に向け、顔をまっすぐ太陽に向ける。まぶしげだが気持ちよさそうな顔で小一時間浴びる。ラヴェルナで教えてもらって以来ずっと私も朝光浴している。
大磯でも冬の光は格別だ。光の粒が大きく木漏れから落ちてくる日は体を貫く思いがする。

ラヴェルナ修道院で一夜過ごした次の朝、葉さんは5時半に起きて散歩に出た。修道院の裏のぶな林に立ってじっと日の出を待っていた。風がさわさわと吹くとゆっくり太陽が上がってくる。木立から眺めていると朝日はどんどん変化する。
葉さんは詩を作った。
            1998年11月13日
光を見なさい
光が導いてくれ 光が教えてくれる
光の道を歩めば 生命の源に 辿り着ける
光こそ生命そのもの 平和も愛も 全てそこにある
光を求めなさい 生きている限り
生命の限り 

芸術家には独特の霊感がある。この旅を続けながら葉さんは次第に聖フランチェスコと共にいる気分になってきた。どうやら葉さんには彼の存在が見えているらしい。目で見るというより心で見ているというかんじがした。時々葉さんは目を閉じる。しばらくすると目を開けスケッチブックにフランチェスコを描きだすのだった。

追:元旦の朝の光は特にいいということだ。      
葉祥明さんとのイタリアの旅③_c0048132_12561778.jpg

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-12-30 12:45 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 書棚の掃除 冬芽 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧