人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

年の暮れの書庫

年末年始の休みの前に
年の暮れの書庫_c0048132_1747666.jpg


ボンヘッファーのことを調べようと局の書庫へ行った。
いつもより人が少ない。やはり押し迫ってぼちぼち休暇を取り始めたのだろう。
存外静かな書庫は居心地がいい。文学は800番台で一番奥にコ-ナーがある。
スタンダールとトーマス・マンを探しに行ったのだが、ちょっと日本文学に寄り道した。
古いエッセー本が並ぶ。吉田健一、室生朝子、三好達治、目白三平、安藤鶴夫、内田百閒、深瀬基寛、幸田文、飯田蛇笏、・・・将に垂涎の書ばかり。

本棚にもたれてパラパラページを繰るとあっという間に時間が経つ。安藤鶴夫は活字を通して声が聞こえてくるようだ。しかも独特の江戸っ子表現が出てくる。ためになるなあ。
合口の酒、なんて言葉を初めて知った。今度どこかで使ってみよう。その安鶴の本のタイトルが「おやじの女」。

いつもこの時期は読書を誓うのだが、休みに入るとダラダラテレビを見たりビデオを見たりでいっかな本を手にすることがない。29,30ぐらいはまあ適当に。31は大晦日だ、しんねり読書でもあるまい。明けて1はおめでたい日。2日から読書しようと意気込むと残す日はたった2日。
とこんなことにならないように。

今予定している本。ボンヘッファー、池明観、に関する本は必須読書。
日本文化のナショナリズム、昭和イデオロギー・思想としての文学、木が人になり人が木になる、メディアビジネスの攻防、大統領を葬った男、のうち最低3冊は読了したい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-12-27 17:47 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 御用納め 離れた恋2 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧