人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬の日に

冬の俳句

昨夜、故郷(くに)に電話したら母が今雷が鳴っているのが聞こえるやろと、言った。
耳が遠くなった母ですら響く音だから相当大きいのであろう。故郷では雪おろしと言う冬の雷だ。今年の冬は当初の予想とちがってかなり寒くなるだろうと、気象庁が予報を修正したと今朝の新聞が報じていた。

 連休の朝、湘南の光を浴びながら部屋を片付けて、俳句解説書や句集を整理した。ついでに冬の句を今の気分で選んでみた。

まず同じ北陸出身の犀星の句は共感するところが多い。
冬の日や知らぬ町に来て人を訪ふ
冬ふかくほとけの彫りもみえがてに
 犀星はこの冬深いという表現を好んだようだ。たしかに冬が深まった師走などに、お寺へ行くと寒さが畳の上からじんじん来る。寒さのあまり見上げる仏像の顔もこころなしかぼやける。次の句は、犀星が金沢を離れるときに作ったもの。前書きが「金沢と別る」。
寒菊の雪をはらふも別れかな

雪の怖さを知っているのはやはり雪国育ちだ。犀星もそうだが一茶は終生そこで生きた。
雪ちるやおどけも言えぬ信濃空

石田波郷という人はずいぶん人に愛されたようだ。追悼文を読むと、大勢の人がその気性を愛し惜しんでいる。男の色気があったのだろう。彼を慕った一人が石橋辰之助。石橋が早世したとき石田は「こんなに友人を愛した人も少ない。ぼくはもっとも愛された一人だ」と回想している。その石橋は戦時中新興俳句弾圧でつかまるという苦難を生きた人物なのだが。彼の句。
夕映えの町角友とひきかえす
友情厚い人ということが知れる。その石橋が死んだ頃、水原秋桜子が詠んだ句。
冬菊のまとふはおのが光のみ
さすがと思わせる、冬の日にふさわしい句だ。

京都へ足を運ぶ機会が増えて、蕪村の句がだんだん近くなる。
易水にねぶか流るる寒さかな
易水は中国河北省の川だが、ここでは賀茂川を見立てているらしい。冬ざれた川を1本ねぎが流れていく。まさに寒々とした風景だ。まるで映画のトップシーンのようだ。蕪村という人は本当に近代的だ。

冬は重く苦しいことばかりではない。体をこごめて寒さをやり過ごすくらしもまた、ささやかな喜びにつながる。京都仏光寺室町東入ルに閑居した蕪村。冬ごもりの醍醐味をさらりと表現する。
桃源の路次の細さよ冬ごもり

連休3日間、私もこの山にこもってちょっと勉強しよう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-12-23 11:43 | 魂のこと | Comments(0)
<< ひばりの級友 ローマの休日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧