人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

繋がれた哀しみ

闘志いだきて

出勤する途中、前を通ると犬の悲しげな声が必ず聞こえてくる家がある。その家は夫婦と子ども二人の幸せそうな家庭にみえていたが、半年前離婚によって崩壊した。今では夫だけが住んでいる。夫は家にほとんどいない。飼われていた犬は鎖につながれたままである。ろくろく散歩に連れて行ってもらえない。だから前を通ると、鳴いてせがむのだ。後をひく細くか弱い声が、通り過ぎても続く。

近年、閉所に対する恐怖がつよくなっている。先日も韓国で長時間タクシーに乗ったとき、狭い空間に辟易して飛び出したくなった。高速道路の上でのことだ。
夏には、仕事で面白くないことがあって、酔って目黒のアパートに帰った。狭い部屋に倒れこむようにして寝たが、真夜中突然目が覚めた。喉がからからで脂汗が噴出してくる。窒息しそうだった。思わず家を飛び出した。目黒の町を彷徨ったが癒されそうな木陰もなく、ひっきりなしに走り去る車の騒音とライトに、さらに私は苛立った。
秋には、検査でMRIの中へ閉じ込められたとき、15分の検査の半分もたなかった。閉じ込められるという恐怖はさらに圧迫圧縮にまで私を追い込んだ。

年をとって体が不自由になったらどうなるのだろう。私のように長年にわたりマスコミで働いてきた者には、行動できないということは致命的な打撃だ。たえずネタを探し回り取材で駈けずり回り、締め切りに追われて徹夜する、こんなくらしをしてきた者が、定年になったとてひねもす庭をながめて花を愛で空を仰いで夢想するなんてことができるだろうか。
大磯で四季を感じられるのも渋谷で忙しく働いているからであって、毎日閑居していろと言われれば愛でる鳥も花もかえってうとましくなるだけだ。

定年は本来停年である。現役が終わりかけた頃から仕事をじょじょに収束させる方向にしむけるものだ。スピードを調整しておいて、定年その日にはすべてが終わるというかたちが望ましいのかもしれない。だが、現代では57歳は社会的にも体力的にも定年の年齢とはいいがたい。

私の場合、定年1年前の昨年にいたっては近年まれに見るぐらいの超多忙だった。「冬のソナタ」が私の人生を直撃した。速度を調節しないまま年が明けて定年をむかえる。これでは飛んでいる飛行機から飛び降りるようなものだ。自転車ぐらいなら走行中に飛び降りても怪我程度ですむが。飛行機とあらば大怪我もしくは死に至るのは自明だった。このちぐはぐさが半年以上にわたって私を苦しめてきたと言えるかもしれない。つながれたままになることの苦しみ。と、ここまで書いてきて気がついたことがある。

これまでやってきた仕事というのは、会社という鎖に繋がれてきたことであって、定年はその鎖がほどかれることだということ。ふーん。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-12-22 12:53 | 魂のこと | Comments(0)
<< ローマの休日 動きだした2つの番組 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧