人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

小森まなみさん

小森まなみさん、元気かい

久しぶりに、高石ともやの「街」をユーチュウブで聞いた。

♪この町が好きさ、君がいるから この町が好きさ君の微笑みあるから。

 この歌を知ったのは俺が28の頃、46年も前のことだ。下っ端のディレクターで、テレビはフロアディレクターで、レギュラー番組はラジオ第2の「昼休みのおくりもの」しかなかった。俺の大事な「城」だった。たった一人でDJ(ディスクジョッキー)と向き合って作っていた。これはお昼の1245分から13時までの放送で、学校放送の代理のような番組で、真面目で固いDJ番組だった。日替わりでクラシック、洋楽、邦楽とあった。担当して2年目に、DJを変えて新しいスタイルをやってみたらと言われた。それまで、NHK放送劇団のおばさんが、子供の声色で演じていたのがわざとらしくて、嫌だった。学校放送ということで妙に道徳的なことも改善したかった。俺はDJの候補者を探した。第2放送で15分の尺だから、ギャラは法外に安かった。有名なタレントや役者はほとんど断られた。

 テレビの音楽番組「ワンツーどん」というチームに俺はいたのだが、そこに日大の学生バイトの鈴木君がいた。オレと5つしか違わない。気があった。京都出身の彼はトラッドスタイルでよくファッションの話をしていた。その彼に、今DJを探しているんだと相談したところ、「ちょっと心当たりがあるので、来週まで待ってください」と答えてくれた。

 翌週、鈴木君は、日大芸術学部の同級生だという小森まなみを紹介してくれた。学生ながら、ラジオ関東でレギュラーを持っていて、若者に人気だという。驚いたが、ギャラが安いから無理じゃないと言うと、「マミはそんなことは気にしない、自分を表現できる場であれば率先して出て来ますよ」というじゃないか。半信半疑で逢った。ベビーボイスで甘ったるいしゃべりだが、内容が濃い。社会に対する見識も深かった。それまで台本は俺が書いていたが、彼女なら全部任せることができる。すぐに上司のプロデューサーに推薦・進言した。

 次のシーズンのクールから早速はじめた。サブタイトルは「マミのミルキータイム」とした。すぐにファンが増えた。使用する楽曲はすべてマミ自身が選んだ。当時人気のあった岩崎ひろみや太田裕美に混じってフォークソングを入れた。毎週、しっかり台本を作ってきてくれた。2年ほど続いた。編成変更があって、昼休みの贈り物の「枠」が無くなると、編成部から連絡があり、俺はマミに伝えた。残念そうに、(分かりました)と答えてくれた。俺もほんとはやめたくなかった。

 最終回の収録のとき、この楽曲を使いたいですと言って、出したレコードが、高石ともやの「街」だった。俺は初めて聞いた。京都の街を舞台にしたラブソングだった。詩も素敵だったが、メロディが伸びやかで素朴でよかった。

 その年の3月で番組は終了し、彼女は局に来ることもなくなり、その一年後、俺も長崎へ転勤した。疎遠になった。結婚して関西に住んでいると聞いたが、消息は知らない。どうしているかなあ。この歌はメジャーじゃなかったから、めったに聞くことがなかったが、この半年、ユーチューブでよく流れるようになった。マミのその後の人生をいつか聞かせてほしいと願っている。


by yamato-y | 2022-06-28 19:59 | Comments(0)
早朝のラン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧