人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

「船頭可愛や」

雪の金沢

 雪の金沢を思い出す。昭和42年の冬だった。よく積もったので女所帯だった茶の湯の先生の大屋根の雪下ろしを手伝ったことがある。張り切りすぎて2階の大きな窓のガラスを割ってしまった。先生も少し落胆した。それでも、「いいがね、いいがね。何とかなるわいね」と慰めてくれた。

そのとき、先生から家に入ったある職人の話を聞いた。戦後まもない頃のこと。お茶室の建具を直してもらおうと2,3日入ってもらった。先生は居職だから日がないっしょにいることになる。ずっと職人は歌っている。よく聞くと、職人は同じ歌を何度も歌っているのだ。
♪夢も濡れましょ 汐風夜風
船頭可愛や エエー
船頭可愛や 波まくら

先生は彼に訊ねた。「あんたあ、そんなに奥さんのことが恋しかったがか」無愛想でぱっとしないその職人が、まことにそうだと言わんばかりにこう言った。
「そうがや。わしぃ、兵隊で中国へ行ったがや。戦地で歩哨にたつときも行軍するときも、いっつもかあちゃんのことを思うとった。ほいでこの歌バッカシ歌とった。」

♪千里離りょうと 思いはひとつ
同じ夜空の エエー
同じ夜空の 月を見る
♪一人なりゃこそ 枕も濡れる
せめて見せたや エエー
せめて見せたや 我が夢を

先生は心の中でこう思ったそうだ。(この人は学校もろくろく出てないかもしれないが、ちゃんと大事なことを持って生きている人だ。「愛している」なんて言葉なんかは使わないが、どれほど恋女房を思っていたことか)
その職人はいい仕事もしたが、後片付けも見事だったよと、私に話してくれた。

私は学生時代先生の家に入り浸り、お茶を習うより酒ばかり飲んで先生の話しを聞くのが好きだった。当時は珍しいシングルマザーだった先生は、けっして他人から後ろ指さされまいと気をはって生きていた。私は先生の手作りを肴にうまい酒を呑んだ。

  私が大阪で仕事に就いたとき、お祝いに次女といっしょに来てくれた。私は二人を有馬温泉に招いた。安月給だったから高級旅館ではなかったが、一晩温泉宿に泊まり時間も忘れてあんなこともあったこんなこともあったと、思い出を語りあった。

 先生は私が広島に勤務する頃、ガンで倒れた。その数年前から体が弱っていたので気にはなったが多忙で見舞うことができなかった。いよいよ命数がわずかと長女から連絡がはいり、私は広島から金沢へ飛んだ。掘割そばの個人病院に先生は入院していた。やつれた姿を見られるのは恥ずかしいと、まだそんなことを言っていた。私は蛮勇を奮って、病室で四高寮歌を大声で歌った。
 ♪北の都に秋たけて われら二十歳(はたち)の夢数う
  男女(おのこおみな)の棲む国に 二、八に帰る術もなし

  先生は笑っていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-12-20 18:23 | マイ・フェボリット・ソング | Comments(1)
Commented by トプログ at 2005-12-21 11:10 x


2006年1月10日(火)
新しいブログランキング「トプログ」がスタートします!

↓↓現在「参加ブログ募集中」です。
http://toplog.jp/
──────────────────────────
▼▼▼▼▼▼▼ ブログ登録3大メリット ▼▼▼▼▼▼
(1)月間総合ランキング1位に10万円贈呈!
(2)週間総合ランキング1〜20位のブログを毎週「各
   マスコミ・メディアにプレスリリース」致します。
(3)あなたのブログへのアクセス数が飛躍的にUP!
──────────────────────────
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↓あなたのブログも是非、参戦登録して下さい。(無料)
http://toplog.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑ パソコン・モバイルのどちらからでも登録可能です!


<< 忘年会 赤穂は雪か >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧