人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

植木さんと国井さん

話の名手

本日、植木等さんのところへ番組が無事送出できたことの報告と協力いただいたことへのお礼にあがった。同行したのはディレクターのU山君、長男のヒロさん、そしてナレーションを担当した国井雅比古アナウンサーだ。奇しくもU山君をのぞいた3人は同年代。同時代的に植木さんの活躍を知っている団塊世代なのだ。国井さんは小学校の音楽の時間に「スーダラ節」を歌って、それ以来音楽の時間が好きになったと言う経歴をもっている。

植木さんは、今回の番組をとても喜んでくれた。長男のヒロさんにはこれまでずっと一番世話をやかされたが、この番組一本で帳消しさと、最大級の誉め言葉をもらしてくれた。寒い日なので植木さんの体調は大丈夫かなと危ぶんだが、機嫌よく2時間、またいつもの植木節をたっぷり聞かせもらった。

――安田伸の前任者は麻薬中毒だったので、その代わりは超真面目な安田をハナ肇は選んだ。芸大卒で音楽はできるがギャグは言われたことしか出来ない固い人物。そう植木さんは思い出してにっこりした。

「大人の漫画」で安田が遅刻してきたことがあった。後からスタジオに入ってセットの障子をそーっと開けて小声で谷啓に安田は「今日の僕の役は何」って聞いた。すると谷もまた小さな声で「傷痍軍人」と答えた。
早速、安田はスタジオの隅で着替えることにした。それまでやっていたコントが終わりかけた頃、谷は唐突に歌い始めた。♪ここは、お国の何百里、はなれて遠き満州の・・・
次のコントが始まったので谷はすぐにやめて、そっちのセットに回って新しい芝居に向かう。他のメンバーも新しいコントを演じ始めている。
そこへ、まだスタジオの奥から歌声が流れてくる「赤い夕日に照らされて、友は野末の石の下~~」
誰だ、まだ歌っているのは早く止めさせろと、何も知らないハナ肇。おかしさをこらえている植木と谷。

テレビが生放送しかない時代。クレージーの面々も若かった良き時代のことだ。この新しいエピソードを本日も私たちのために明かしてくれた。

帰り道、国井さんがしきりに植木さんの話術に感心する。すごいなあ、すごいなあ。かく言う国井さん自身当代きっての話の名手なのだ。「プロジェクトX」の座談の素晴らしさは衆人がみとめるところ。その国井さんが、植木さんが話す間、実に嬉しそうに話しを聞いていたのだ。この二人の2ショットを見られることは、番組を作る者の冥利だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2005-12-19 17:44 | 新しい番組を構想して | Comments(1)
Commented at 2005-12-20 00:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 断念アウシュビッツ残念 雪に埋もれた母 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧