人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬ソナミュージカル報告1

冬ソナミュージカル報告1_c0048132_23411518.jpg
ミュージカル「冬のソナタ」報告1

 一昨日、天安でミュージカル「冬のソナタ」のテクニカルリハーサルを見た。諸般の事情でゲネプロの形には至らなかったので、技術的調整のための稽古となった。つまり、オーケストラはなくピアノ演奏、セリフの字幕もなく、衣装と舞台装置だけが作りこまれた状況でリハーサルが行われた。日本から数誌のスポーツ紙、女性誌の記者やカメラマンが見学取材に来た。それと関係者である私たちだけかと思ったら、大勢の女性ファンがいた。どうやら主演のチュンサン役を演ずるイム・テギョンお目当てらしい。彼は今韓国で絶大な人気を得ているミュージカルスターで、彼のファンサイトがこの情報を聞きつけて主催者に頼み込んで300人限定で入場を許可されたのだ。大半がソウルから離れた現地チョナンまで足を運んでくるのだ。

 見終わった後の感想は迷う。舞台そのものは完成度が高いと一緒に行った日本のミュージカルの専門家は見ていた。楽曲もいいし俳優の歌も素晴らしいのだ。洒落た最新スタイルの舞台になっていた。それは分かるが、テレビドラマのイメージが強い私としては若者向けの舞台になっているようで、少し違和を感じた。むろん字幕がないからセリフが理解できていない。だから物語が正確に把握できていない憾みはあるのだが。

 予めあらすじだけ聞いた。22時間におよぶ物語が2時間余りにまとめられているが単純に短縮しているわけではない。筋はある線を強調してファンタジ―の色合いを出しているのだ。チュンサンが事故にあって天国の門まで行ったところから舞台は始まる。
 《夢多き女子高生ユジンのもとにポラリスのように輝く初恋のときが訪れた。同級生チュンサン。彼は白い雪のように純粋で絶対的な初恋をユジンに告白しようとする。しかし、
突然の交通事故によって告白よりも先にユジンの前から消えることになるチュンサンの運命。死の世界さえ嫉妬する二人の運命的な初恋の記憶。記憶の霊たちがチュンサンにささやく。「我々が望むのはおまえの記憶。記憶を選ぶならお前の心臓は苦しみ、この世から消え去るだろう。しかし、生命を選ぶならお前の記憶を置いていくがいい。」チュンサンは果たせなかった愛をユジンに告白するため記憶の断片を死の世界に残したまま悲しい命を抱いてこの世に戻る。…》
これ以上はネタバレになるので語れない。一つだけ、オーチェリンが重要な役になっていることをお知らせしておく。

 主役の二人はダブルキャストだ。チュンサン役の一人イム・テギョンがいい。若者らしい精悍さと甘さがある。彼の挙動に詰め掛けたファンが大騒ぎするのがよく分かる。きっと日本に上陸すれば、日本のファンの心をつかむこと間違いなしだ。彼が学生服にダッフルコートを着ているのを見て、何か懐かしさを覚えた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2005-12-18 23:41 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 雪に埋もれた母 冬景色 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧