人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ねむの木

ねむの木


夕方、残暑きびしいなか白金ラビリンスを縫って五反田に向かった。白金ラビリンスとは朝のウォーキングコースのひとつで、白金台の西端の崖線から五反田高台池田山の間にある谷間を指す。ここは5年前まで通った明治学院大学までの近道として入り込んだことがあって、方角である程度予想して分け入ったのだが、坂道と路地がいくつもあり完全に道を失ったことがある。谷間にはNTT関東病院の巨大な建物や池田山公園など目印となるものは少なくないのだが、いったん入り込むとまったく土地勘が効かない。そこで白金ラビリンス(迷宮)と私は名付けた。一か月前に痴呆の疑いが出たとき、医者から朝の30分運動を進められ、6つのコースを定めて実践してきたが、白金ラビリンスコースがその白眉のコースになっている。朝6時半、この谷間におりていくとき対面から朝日がある。遠く東京タワーが見える。右手の崖に池田山公園の緑が濃い。降りきるとNTT病院がある。そこから反対側の崖にあがり、やがて白金通りの裏道に入るというコースだ。住宅地で商店がなく朝は人っ子が見当たらず実に快適だ。実践して30日になろうとしているが、3回に1回はこのコースにしている。

そのコースを使って、夕方五反田の東急ストアに焼き鳥を買いに出かけた。5本入り380円のめちゃお得なつまみなのだ。大崎図書館の帰りにこのネタを見つけた。それが無性に食べたくなり、自宅から五反田駅までの最短を調べると、どうやら池田山越えだということが分かった。万歩計をセットして歩いた。1200歩、あるいて5分ほどで、お屋敷町に入る。たった800mの距離だ。その突き当りにオープンガーデン「ねむの木の庭」があった。閉園間際にすべりこんだ。庭の中央に大きな木がある。庭の係の人にこの木がねむですかと聞いた。そうだという。6月頃に花が咲くらしい。どんな花ですかと尋ねると、枝の先に薄赤く金色に光る羽のような花を指して、「これです」と言って教えてくれた。いつもの夏ならとっくに花は終わっているのだが、今年の長雨で花が残ったらしい。頭上2mの花を詳しくは見ることはできないが、その穏やかな薄紅色が夕日に映えて美しかった。

 この庭は美智子妃の実家の跡地だ。思ったほど広くない敷地の中央にそのねむの木はゆったりと葉を茂らせていた。

今、若き日の美智子妃の相談相手であった神谷美恵子のことを考えている最中だったので、この庭に出会ったのは僥倖であった。秋分の日の出来事である。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか

人気blogランキング 


by yamato-y | 2021-09-23 22:05 | Comments(2)
山登様
 初めまして、私は京都大学人間・環境学研究科共生人間学専攻の修士課程に所属する大学院生です。髙木佑透と申します。突然のご連絡をお許しください。

 昨年私は一本の映画を撮影しました。知的障害のある弟・壮真と、自分自身にカメラを向けたドキュメンタリー映画です。この映画は第40回「地方の時代」映像祭の学生部門で優秀賞を受賞し、多くの方々に支えられ、京都、大阪、神戸のミニシアターでの劇場公開も決定しました。その上映に向けて現在私は、学生からなる上映委員会を結成し、たくさんの魅力的な学生メンバーたちと共に配給・宣伝にも取り組んでおります。

 さて、そんな中で京大の文学部出身の学生委員より、山登さんのお話を聞きました。
その学生は山登さんの夏季集中講義を受講していたとのことでした。そこでは山登さんがかつて撮られた徐京植さんや大江健三郎さんのドキュメンタリーを観たとのことで、ドキュメンタリー撮影とは決して計画通りには進まず、必ず予期せぬことが起る。あるいは撮っているうちは分からないけれど、あとで見返せば往々にして発見が伴うものだ。そのような遊びを楽しむことも大きな醍醐味なのだというお話がずっと印象に残っているそうです。また大江健三郎さんの息子さんの話を山登さんがされていたことも覚えており、ぜひとも山登さんにこの映画を観て頂いたらどうだろうかと薦めてくれました。
(コメントが入りきらなかったため、続きを書かせていただきます。)
 私は京大の書評誌『綴葉』にて編集委員として書評を書いているのですが、「いのち」という特集にて、『障害者殺しの思想』『障害者の安楽死計画とホロコースト ナチスの忘れ去られた犯罪』と合わせて大江健三郎の『個人的な体験』を取り上げました。映画「僕とオトウト」も「確かにこれはぼく個人に限った、まったく個人的な体験」です。しかし私が相模原の事件以来もやもやとし続けてきた「障害とは何か」という問いを突き詰める上で、最も身近な弟と向き合い、その弟をまなざしている社会、そして自分自身を徹底的に見つめることは不可欠でした。
 その過程を閉じ込めた本作が障害とは特段縁のない人々にも観ていただけるのは、そのように自分と向き合う過程に共感していただいているのだと感じております。大江は『個人的な体験』の後書きで「ふたつのアスタリスク」のつづくシーンについて、「若い書き手としての必然性」があったと述べています。初めての映画作りであり、たくさんの稚拙な点もございますが、いまを生きる僕と弟だからこそ完成した本作はそのような必然性を少しでも帯びられていると考えております。

 そこで、今回ぜひ山登さんにこの映画をご覧頂き、感想を頂戴できればと思って、コメントいたしました。もしご連絡させていただけるようでしたら、「僕とオトウト」上映委員会のメールアドレス(bokutootouto@gmail.com)よりご連絡致します。
 面識もない中大変不躾なお願いとなり、申し訳ございません。何卒ご検討のほどよろしくお願い致します。
<< 「僕とオトウト」の監督さん 白金ラビリンスコース >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧