人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

白金ラビリンスコース

白金ラビリンスコース

7月下旬から早朝ウォーキングを始めた。6時半起床しておよそ340分ほど自宅周辺を歩く。歩数にして4200から4400。それまで夕方に90分ほど続けて歩くウォーキングで12000歩を目指していた方法を変えた。東邦大学物忘れ外来のH先生の指導による。規則正しく早い起床をすることは認知症予防の基本と言われた。もう一つ大事なことは昼寝30分をとることで、必ずしも毎日励行というわけにはいかないが、出来るかぎり実行している。ということで一日1回のウォーキングを朝夕2回のウォーキングに改善した。合計で10000歩超えを目指す。

 毎日同じ道を歩いてもつまらないのでコースを変えている。1,白金ラビリンスコース

2,高輪越え三田コース 3,目黒川沿い中目黒コース 4,広尾・有栖川公園コース。4つのコースで4000から4500歩。時間にして30から40分である。気に入っているのが1の白金ラビリンスコースで、自宅から200㍍のところに広がる白金台の裏庭にあたる窪地を周回するコースだ。白金台の谷底をさ迷うのだ。最初この道に迷い込んでなかなか脱出が出来なかった。坂と路地が複雑に入り組んでおり、すぐ傍に五反田駅前とか白金プラチナロードとかがあるとは思えないほど人気の少ない住宅街の道である。

 自宅を出て首都高2号線の高速を越えて、崖線を下る。左手に池田山公園があり、右手には遠く東京タワーまでの眺望が広がる。家並みがきれいだ。この坂は日の出と向き合っており気持ちがいい。窪地のなかほどに大きな寺院の森がふたつあるが、アプローチの道が分からずまだそこまでたどり着いたことはない。公園の隣の谷底にNTT 関東病院の巨大な施設がある。病院の端にこの窪地の対岸の崖線があり、そこを登っていく。崖の中腹にある細道に立つと再び家並みが朝日を浴びて光っている。このコースは起伏が激しく坂道が10個以上ある。道はやがて白金の裏通りに入り、萩、さるすべり、木槿の花が咲き誇る生け垣の道を進む。ここまででおよそ25分。裏通りをつきっきると目黒通りに出る。目の前に自然教育園の森が広がっている。再び首都高を越えて目黒駅西口を目指す。駅でウォーキング304500歩となる。

8月の朝は朝顔、萩、木槿、百日紅の花が美しかった。9月になりここ数日の冷たい雨で萩が散り、今朝はとうとう百日紅の紅い花も散り落ちていた。木槿は予想以上に花持ちがいい。こうしたことに気づくのも白金ラビリンスコースの余得だ。


by yamato-y | 2021-09-03 13:02 | Comments(2)
Commented by 岡田圭一 at 2021-09-23 09:38 x
突然失礼いたします。ぶしつけな質問で、失礼いたします。
10年ほど前に、山登さんの大伴昌司についての番組に、感想のコメントを記させていただいたものです。
そのおりは、山登さんは大伴昌司についての映像作品を、さらなにおつくりになりたい思いがあり、取材をされていると書かれており、大いに楽しみにしておりました。
もう、おつくりなる、ご予定はないのでしょうか?
Commented by yamato-y at 2021-09-23 22:13
岡田さん、メールありがとうございます。
大伴のことをお話したいのですが、この場はすこし躊躇します。なにか通信手段があればいいのですが。
<< ねむの木 傘 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧