人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ユン監督と村上春樹

「冬のソナタ」ミュージカル下見

ユン監督と村上春樹_c0048132_13473671.jpg

今朝は寒い。明日から2日にわたって「冬のソナタ」ミュージカルの下見のため韓国ソウルへ行く。もっと寒いことだろう。昨年竜平のスキー場に行ったときは本当に身を切られるような寒さを味わったものだ。

 来年1月、札幌で公開されるミュージカル版「冬のソナタ」。ユン監督が自ら芸術総監督を勤める。その最後の稽古が厳寒のソウルで行われている。進捗具合を知るために明日金浦へ飛ぶ。

 1980年代後半、韓国はオリンピックを開催した自信とともに急速に高度成長を始めた。
ソウルを流れる漢江の南部区域、江南(カンナム)には巨大なビルやマンション、ショッピングセンターが林立するようになり、ニューリッチと呼ばれる新しい階層が生まれた。彼らは従来の伝統的な儒教家族社会とは距離をもち、核家族を中心とした新しいライフスタイルを作っていった。
 1987年に村上春樹の『ノルウェイの森』が出版され、日本で大評判となる。日をおかず韓国でも海賊版の翻訳が出たが最初はそれほど反響はなかった。ところが、正式に韓国の出版社から『喪失の時代』という題であらためて発売されると爆発的なベストセラーになった。この作品の影響をうけた韓国の小説家たちを「ハルキ世代」と呼ぶほど、若者に大きな影響を与えた。
 当時32歳のユン・ソクホはこのハルキ世代より少し年長になるが、大きな影響を受けたことには変わりがない。
それまでに広まってた日本文学とは一線を画するハルキ現象は、ちょうど韓国の高度成長の時期と重なり新しい文化の流れを作り出していった。

 現代韓国に精通している四方田犬彦は、こう語っている。
《『喪失の時代』の翻訳は韓国の若い小説家たちに、都市の単身生活者を主人公にすることを示唆し、そのために必要とされる文体見本を提供した。これまで息子であるか、でなければ兄か夫か、父親でなければいけなかった韓国小説の男性主人公は、ここではじめて匿名性のシティライフを享受し、家族や地位に束縛されない何もない地点から独白を始めることができるようになったのである。》(『ソウルの風景』岩波書店)

 韓国の伝統社会から解放された都市生活を描くことができる新しい世代、その大きな流れの中に、若き日のユン・ソクホはいたのである。
 後年、「冬のソナタ」でユンは力を存分に発揮することになる。主人公は男性ではなく女性のユジン。インテリアデザイナーというキャリアを持っている。実家のある春川を離れてソウルで友達と暮らす都市生活者という設定。ユジンはよく涙を流したが、けっして生き方は他人任せでなく自分で決めていく人物だった。それまでの韓国伝統の儒教文化とはかなり隔たったドラマを、ユンは作り始めたのだ。

  一度、ユン監督に村上春樹は好きですかと聞いたことがある。「もちろん」と勢いよく答えた。特に『ノルウェイの森』は大好きで、「突然、空から雨が降ってくる、あのシーンは心に深く刻まれています」と目を輝かせた。

 ハルキ現象から生まれたと言っても過言ではない「冬のソナタ」。それがテレビドラマとして昨年は日本中を席捲した。来年は新しくミュージカルとして生まれ変わり、新しいファンタジーとして日本に登場してくるのだ。その産声のようなものを聞きに、私は明日ソウルに向う。マネージャーのチョさんにお土産を買っていかなくては。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2005-12-14 13:31 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< イタリアの旅2 場末どすえ~ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧