人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

将来のために

いつまで続く泥濘で、いいか

 憂鬱なことが続く。コロナの悲惨不安が始まって1年以上になろうとしている。こんな時期に日本がオリンピックを開催することになるとは、2年前には予想もつかなかった。日本は1940年、当時の言葉でいえば紀元2600年という意味のある年にオリンピックを開催するつもりでいた。ところが日中戦争が泥沼化し、軍部の圧力もあって開催撤回を申し出る。

 オリンピック開催はヘルシンキに替わる。しかし欧州情勢が悪化し、ついには中止となった。そして1941年の暮れに真珠湾奇襲が起きて、日本は最悪の道を歩むことになる。

 この痛恨をなんとか挽回し、日本でこのスポーツの祭典を開きたいと願って出来たのが、1964年の東京オリンピックだった。

 そして、2020年東京は3回目の機会だった。だが延伸となって、20217月の実施が目前に迫った。果たして実現するだろうか。コロナ禍の不安は依然拭えない。どれほど日本および日本国民が周到に予防策を立てても火種は期日までに根絶やしすることも無理であるし、外国の諸選手ら1万有余の転入移動もリスクが懸念される。

 本日、英タイムズ紙が「日本政府は内密に東京五輪中止」と報じた。IOCや政府は否定しているが、外部から見れば当然中止の状況にしかみえない。なのに、なぜ決定を先送りにして、何をしようとしているのか。IOCからの圧力か、五輪スポンサーへの配慮か。どんどん時間と金と人材が浪費される。

「後手に回る菅政権」と冷笑することでいいのだろうか。もはや国としてのシステムは正常に働いているとは思えないい。官僚らもまったく声をあげない。為政者の劣化はさらにひどく、国会を追われる国会議員は後を絶たない。党から除名される議員の数も少なくない。あまりにひどい。閣僚の顔ぶれもひどいが宰相そのものも資質が問われるのではないか。今国会の予算委員会での答弁もほとんど原稿棒読み

であるし、斬新な提案もまったくない。ポストコロナへの展望もない。

1993年の選挙に負けて下野すればどれほど惨めかということを知った自民党は、その後何が何でも権力を手放したくないとしがみついている。だから妖怪のような幹事長が徘徊し、その周辺に追従が群れる。こういう権力構造をどこかで見たことがあると振り返ると、1992年の金丸信事件だ。金丸の脱税は政治資金法違反事件に発展し、自民党は瓦解し、次の選挙で敗北した。あのときの政界の空気に酷似している。

予兆は前の安倍政権のときから起きていた。モリかけ事件で不正が発覚したにも関わらず、安部首相の責任はうやむやになった。その前後から政治のモラルが格段に落ちた。

対岸アメリカのトランプの極端な政策に苦笑し、半島の文在寅政権を揶揄し、大陸の習近平体制を恐れていると、いつのまにかこの国の足元はぽっかりと空洞ができていた。こんな泣き言ばかりを言っているわけにはいかない。子や孫の世代に深刻な負荷を残さないためにも今やるべきことをやっておかねばならない。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


by yamato-y | 2021-03-09 12:00 | Comments(0)
<< 傘 去りし月日も >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧