人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

去りし月日も

去りし月日も美しく

「荷下ろし鬱」という言葉を初めて知った。

《定年を迎えて長年勤めた会社を辞めた人が「荷おろしウツ」に罹ることがある。仕事のみに傾倒し、家族や趣味など仕事以外の柱を持たない人がなりやすく、急に「自分には存在価値がない」という思いに駆られてしまう」鬱症状》

加えて、コロナによる巣ごもりが余計に鬱症状を悪化させているらしい。

自分では仕事人間ではなかったと思っているが、家族からはそんなはずはありえないと否定される。そういえば心当たりがないでもない。仕事人間だったから、趣味といえば読書と映画鑑賞しか見当たらず、他者との出会いもせず、せいぜい図書館の渡りを繰り返すだけの今の境涯だ。品川区五反田図書館、目黒区中央図書館、港区高輪図書館、渋谷区中央図書館の読書カード4枚を持っている。平均7冊借りるから常時28冊の本を傍らに置いている。週に3冊読了のペースなので、いつも返却日超過の状態にあり、延長の処理をすることになる。これぐらいが荷下ろし鬱から逃れる手立てだが、人によってはしょっちゅう元の職場を訪ねて鬱逃れようとする輩もいる。年に1度か2度なら元職場もウェルカムだが、毎週のように来られると対応するのも面倒になりおまけに先輩面されるのも不快になってくるというのが後輩たちの人情。苦情がネットの相談室に寄せられていた。以て他山の石。

今、制作会社に身を置いて年に1本か2本番組を作っている。週のうち2日ほどオフィスに行って、ネタのリサーチや取材のアポ取りなどを行っている。現役時代属していた番組制作の古巣でなく報道系の番組制作会社に席を置いている。新しい会社に入ったようなもので、周りは初めて出会う人たちばかり、新しい人間関係を生きている。当然、職場の1年生の身だから総務的な事柄は周りから教えてもらうことになる。私はせいぜい番組作りのノウハウを持っているしか取り柄がない。卑屈ではないが、かなり年少のディレクターでもため口はしない。最初は窮屈だなと思ったが、考えてみればなれ合いでもなく他人行儀でもなく、上下のないフラットな付き合いになる。これが3年続いた理由であろうか。

まもなく年度末。人事異動や新番組作りの時期に入っていく。新しい年度に私自身がサバイバルできるような企画は今のところ持ってない。先行きどうなるか分からない。職場を失くすかもしれない。なくなって、毎日自宅で散歩と読書は辛いが、これもまた人生。C'est la vie

先日、ある方から、このブログで父(故人)のことを思い出してくれてありがとうというコメントを頂いた。思いがけなかった。嬉しかった。40年前の交友だが私にとって大切な人で大事な思い出だ。そうだ、去っていった友や知人のことを文字で記録しようと思いついた。よかったら三須さんの息子さん、再度、連絡いただけませんか。待っています。

吉屋信子の句。

 初ごよみ知らぬ月日は美しく

新年初頭に、これから来る月日はどうなるか分からないが、何かが待っていると期待に胸を膨らます様を描いた句だ。だがさらに深く考えれば、去った月日もまた美しい。苦しかったこと、悲しかったことも覚えてはいるが、今となってみればそれもまた美しい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


by yamato-y | 2021-03-05 20:41 | Comments(2)
Commented at 2021-05-01 19:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2021-05-24 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 将来のために 川端文学 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧