人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

広島へ帰った

太田川のほとりで

ひさしぶりに広島へ帰った。1992年から95年までこの町にすんでいたことがある。川が3筋流れる美しい町だ。原爆ドームを見ながら早速資料館へ行く。この町に来ればかならず足をはこぶ。

――いつも、ここで思うのは、原爆によって何と多くの若者が命を落としたかということ。女学生、中学生の遺品が心をうつ。三位一体の少年、少女のブラウス、名札、弁当箱・・・。
最後に、対話ノートのコーナーへ寄った。入場者の感想が書かれてある。こんな記述を読んだ。
「戦争の惨禍をこういう形で展示するのは不快だ。主権国家間の戦争ならば仕方がない。過ちは繰り返しませんからというのは、アメリカが言うべきこと」長野県の男性の名前が電話番号入りで書いてあった。

10年前にはこういう文章はなかった。時代は変わったなと思う。はたして、変わった時代は二度と核戦争を起こさせないという方向に向かっているだろうか・・・。どうも反対に思えてならない。

寒々とした思いで資料館を出て中国新聞社に行った。社長のIさんにあいさつするためだ。私がいたころは、Iさんはバリバリの論説委員だった。原爆報道は無論政治、社会、に鋭い論陣をはっていた。私の憧れのジャーナリストだ。
Iさんはすっかり社長になっていた。穏やかで礼儀正しい経営者の顔だった。
広島で暴力団抗争が激しかった昭和30年代、Iさんは先頭にたって暴力団追放のキャンペーンをはたし勇名をはせた。この人のどこにそんな闘志があるのか不思議なほど穏やかな顔だった。
だが話しはじめると、その闘志はけっして消えてはいないとすぐ分かった。来年には70歳をむかえるIさんだが、けっして老いてはいなかった。私はうれしくなった。社会正義の灯をかかげて燃やしつづける人が、ここにいる。安堵のような確信を抱いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2005-12-09 11:16 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by マドカヨシキャク at 2005-12-09 13:17 x
5人組はにぎやかでしたでしょうか。。。ブログランキングアップですネ。 楽しい番組いっぱい作ってください☆
<< 広島よ 風の中の向田邦子 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧