人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

風の中の向田邦子

胡桃の中の使わぬ部屋

冬の寒さの厳しい今頃になると、夕方、西の空に金色の雲がたなびくときがある。その雲をじっと見つめている向田の姿を時々私は幻視する。

 向田邦子が南方の空に散ったとき、大勢の人が嘆き悲しんだ。小説と呼べるものは、まだ二十篇しかない。テレビ千本、ラジオ一万本の「貯金」を使って小説というかたちで、どんなふうに読者を楽しませてくれるのやらこれからという時だったのに。短編の名手と言われたが本当は長編作家でなかったのか。シナリオ「幸福」は、文庫本にすると五百ページ以上の分量がある。多数の登場人物を多彩に書き分ける力量は並々ならぬものがある。もっといろいろな才能を発揮してほしかったなど、惜しむ声が溢れた。

 「あ・うん」で主人公の長女さと子に抜擢された岸本加代子は、「落城記――わが愛の城」に出演のため、京都の撮影所にいた。これは、故野呂邦暢原作をテレビ化したもので、邦子が初めてプロデュースした作品であった。邦子の事故遭遇の一週間前、八月十六日のことである。陣中見舞いとしてやって来た邦子は別れ際、「あ・うん」の続編をまたいっしょにやろうと岸本に声をかけた。俳優会館の階段の上から、次は、さと子の結婚するところから始まるからねといった。
 「向田さんの分身でもあるさと子が結婚する、何だか不思議でした。先生は結婚しなかったのに、どうするんだろうと思ったのを覚えています」
 岸本が最後に見た邦子は風の中で笑っている姿であった。

 この話を、私は「向田邦子が秘めたもの」という番組を制作したとき、岸本さんご本人から聞いて、深く心に残った。

 向田は俳句をひそかに熱心に読んでいたふしがある。ドラマのタイトルにも句からとったものがあるほどだ。「胡桃の部屋」。これはまだ知られる前の鷹羽狩行の「胡桃割る胡桃の中の使わぬ部屋」から引用した。俳句雑誌などをこまめに読んでいないとこうはいかないだろう。ところで、向田の中の「使わぬ部屋」には何が秘められていたのだろうか―。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2005-12-07 17:15 | 魂のこと | Comments(0)
<< 広島へ帰った 遥かなわがスペイン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧