人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

多田富雄の寛容な世界

今夜のNスペを見て
多田富雄の寛容な世界_c0048132_0291457.jpg


今夜のNHKスペシャルを見た。脳梗塞で倒れた、世界的免疫学者の多田富雄の生き方を追うドキュメンタリーである。
 先日訪れた甲州の山荘に住む先輩ディレクターから、この番組を見るといいかもと連絡を受けていた。先輩はかつて多田を取材したことがあり、そのひととなりに敬意をもっていたのだが、当時はバリバリの大学者。病で倒れたことは噂では聞いていたが、はたしてどういう状況か少なからず同病を患った者としても私は関心をもった。
予想にたがわず作品は素晴らしい出来だった。

春先から半年以上追いかけた分厚くディーセントな取材。私のすべてを撮ってくださいと覚悟した多田。両者があいまって高いレベルの作品に仕上げていた。

 編集は抑制がきいていて素晴らしかった。 専門的なことだが、一点、広島平和公園で多田が顔面をくしゃくしゃにするのはまったく説明をほどこしていず、どういう作者の意図か気になった。あえてノー説明にしたか。とすれば、先に描いた多田の原爆に対する怒り(科学者の過ちつまり自分への呵責か)を観客自身の理解判断にゆだねたのか。それとも尺的におさまりきらなかったのか。

 この番組の中で気になったコメントに、多田が目指す研究とは「寛容で豊かな研究」というのがあった。多田の言葉として感動した。後遺症のため、ままならない肉体を保有しながら、寛容であれと説く多田富雄。
 私自身、脳内出血を発症した身として、自分をゆるすことができず他者(ひと)もゆるせなかった。そのことが長く自分の中に「恨みつらみ」として澱のようにたまった。
 折にふれて、亡父はイエスの言葉を引き「寛容であれ」と私に言った。自分自身が一番寛容ではないじゃないかと内心反発したものだが、今となっては分かる。私に言うことで自分を戒めようとし、かつ寛容でないことはどれほど自分をさいなむことになるか身をもって知っていたのだろう。二の舞を踏ませたくないからこそ「わが身を顧みず」、寛容であれと教えたのであろう。

ウェーブのかかった多田の白髪を見ていたら、父から聞いた言葉を思い出したというわけだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-12-05 00:29 | 魂のこと | Comments(0)
<< 50銭玉 銭湯の仕舞い湯 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧