人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

銭湯の仕舞い湯

交流会「リジョイスの会」

昨夜は、目黒のアネックスで若い人たちと交流会「リジョイスの会」をもった。社会人2年から4年までの8人の男女、職種は主に出版、映像関係だ。違う分野や異なる世代と話をすることは実に楽しい。
感心したのは、いずれもしっかりとした考えをもってきちんと人生を生きていることだ。近年、青年にたいして失望することが多かったが、世代論でくくってはいけないのだということを、あらためて思った。

 異彩を放っていたのがU君だ。フリーの編集者でありながら、横浜の馬車道でブックルームを仲間と開いている。会員制の、読書スタイルを提供する期間限定空間というブックルーム。「人と本との出会い」を演出する空間だそうだ。このシステムや経営の一端をU君から話してもらったが、一度の説明ではピンと来ない。今度ちょっと行って取材してみよう。それから、このブログで詳細を報告したい。

 ともあれ、U君のひととなりが実に魅力的なのだ。いわゆる定職をもたず不安定な収入の暮らしのはずだが、フリーターと言われる人たち特有の社会不信や屈折など微塵もない。自分でまあフリーターのようなものかもと自己紹介したので、私もその言葉を使ったが、見る限りほこり高い自由人といったおもむきがる。しかも、将来期することをもっているようだ。

 私の仲間にもドロップアウトして、山小屋を手伝ったり木工製造家に転身したのも幾人かはいたが、どこか世の中に対して拗ねたかんじがあった。
 U君はまったくちがう。誇りと希望をもって人生を生きている。実にさわやかな思いが私の中に残った。
他の参加した人も面白そうなことを考えていたりしたが、詳しくはこれからにしよう。この「リジョイスの会」をしばらく定期的にやっていこうと考えているので。

 お開きになり後片付けをしていたら11時を回った。なんとなく銭湯に行きたくなったのでタクシーを飛ばして目黒通りの松の湯に行った。12時までならいいということで慌てて飛び込む。客は私一人。ガラ―ンとした場内に湯の循環する音だけが響く。今夜の出会いを思い出しながら、熱い湯にゆっくり体を沈めた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


銭湯の仕舞い湯_c0048132_16363860.jpg

by yamato-y | 2005-12-04 16:27 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by uchnm at 2005-12-05 18:04
内沼です。先日はどうもありがとうございました。ご紹介頂き大変光栄です。来年の秋まで営業する予定ですので、ぜひいらしてください。

「リジョイスの会」、また次回も伺います。お手伝いできることがあればお声掛けください。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
<< 多田富雄の寛容な世界 「スリーパーズ」「故郷への遠い... >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧