人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夏目漱石とスコットランド

忘れないうちに書いておこう

2年前に、私は「祖父夏目漱石~『猫』誕生百年~」という番組を作ったことがある。
番組のきっかけは、夏目房之介さんの実家で父純一の遺品の中から、わがチームが漱石の「文学論」ノート2冊を発見したことから始まった。このノートとは現在『文学論』として発表されているものの原型になるもので、作家漱石の誕生以前に書かれたものだ。

1900年、出来たばかりの新政府の官費留学生として大きな期待を背負って、漱石はロンドンに赴いた。西洋の文学とはいかなるものかを調べる役目を担っていた。ところが思うように実績をあげることができず漱石は神経衰弱になってしまう。どこへも行かず、漱石は下宿に閉じこもる。次第に漱石は狂ったと噂されるようになる。「夏目狂せり」在ロンドン日本人の中の噂が、遠く日本の文部省に届くことになる。文豪漱石のもっとも苦しい時代の一つで、いまだに謎が多くあるといわれる時代だ。

私の番組はその謎を少しでも解こうと、孫の房之介さんを探偵にして漱石像を追った。

この文学論ノートは、漱石がロンドンに留学して2年目の1901年に書かれている。
実は下宿の部屋に閉じこもったままこのノートを書いていたのだ。

そして、この留学の終わりに近づいた頃、漱石は一人でスコットランドの小さな町を訪ねている。そこで、文学への志[男子一生の仕事]を立てたと思われるのだ。妻鏡子(房之介の祖母)へあてて書かれた漱石の手紙から、房之介さんはこの番組でそういう推理を打ち出した。
私の番組は漱石の一端を解いたにすぎなかった。まだイギリス時代の彼の動静は謎に満ちている。私にとっては、漱石が最後に訪れたスコットランドの小さな町のことが、今回の旅を通してより気になり始めた。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-11-30 18:57 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 北斗七星のカタチ 定年修学旅行8 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧