人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

定年修学旅行8

ロンドン再び

倫敦の朝、7時起床。ホテルそばのラッセルスクェアへ行って「自分撮り」をする。今回のこの旅を私は写真とビデオで記録している。これでもって「イギリス心の旅」という15分程度の番組を作ろうと考えている。

 ドキュメンタリー番組制作の本を書いている。一応全部書き上げたが、編集の佐伯さんから個人ビデオ制作の手法で紀行番組の実践を書き加えたらとのアドバイスもあって、それを実行している。その番組では冒頭に旅の動機付けをカメラに向かって話し、エンディングで旅を終えての締めくくりの言葉をまたやはりカメラに向かって話す形式を作ろうとしている。それを自分で撮る、つまり自作自演をしようとしているのだ。その作業を同行者が起きてこないうちにやろうと早起きした。
自分でカメラをセッティングしてスイッチを押してから、レンズの前に立つ。 朝の公園で、カメラに向かってぶつぶつ言っている東洋人を、怪訝そうな顔で勤め人たちが見て行く。ちょっと恥ずかしかった。

 本日はロンドン中を走り回る予定。地下鉄利用ということで一日乗車券(ONEDay-traveling)を買うことにした。利用のピーク時間に購入すると、平時より1・5£ほど高いので平時に切り替わる9時半まで待とうと、TO先生が提案し全員同意する。先生方の勤勉なこと、本当に感動してしまう。

 10時、ピカデリーサーカスまで出て、ロイヤルアカデミーミュージアムまで行く。開門前にもかかわらずかなりの客が並んでいた。今、ロンドンッ子の話題を集めている展覧会がここで開かれているのだ。「盛世華章」・・・CHINA―the three Emperors。
 このイベントのことはエジンバラへ向かう車中で行き逢ったイギリス老女から教えてもらった。俳句の本を読んでいた彼女は、ロンドンで見たこの展覧会は最高だと目を輝かせたのが気になり、この会場へ全員でやってきたのだ。中国文学専門のTA,SA両先生の関心は小さくない。このイベントは中国、清時代の最盛期を表すものなのだ。さて、結果はいかに。(この展覧会は別途、旅のコラムで書く)
 11時半、再集合するがTA,SA両先生はまだ見足らないのでもう少しこの美術館に止まるというので、私、SU、TOの3人はそのままピカデリーサーカスで昼食をとることにした。私もTOも、ついに日本食が食べたくなり日本料理店に入る。私はタン麺を注文。
うまかった。スープも全部飲んだ。7£。
 地下鉄でサウスケンジントンまで移動。ここには1852年に開かれた万博の跡を利用した博物館VandA[ Victoria and albert Museum ]がある。
 ここの収蔵品はたいしたことがない。万博で利用されたレプリカがかなり含まれている。ただ、彫刻などは実物大なのでそれなりの感動はある。特にミケランジェロのダビデ像はよかった。こういう場所なので撮影は自由だ。ここぞとばかりに8ミリビデオをガンガン回した。おかげでパチカメ(デジタルカメラ)で撮影することを忘れた。

 13時半、ここを離れて地下鉄のセントポールまで行く。セントポール大聖堂を見に行く。英国国教会の大本山。壮大なドームがランドマークになっている。この聖堂はあのロンドン空襲のときも無事に残ったということで英国民の尊敬を集めている。また、ここでダイアナ妃の結婚式が行われたことでも知られている。ここの入場料も8£、高い。
 壮大な身廊、ドームを見て回る。下手のドアそばにある絵画「世の光」はラファエル前派の名作だった。
 実は、ここはSU先生専門の戦争の記憶の場でもある。聖堂奥にあるチャペルに、前の大戦で犠牲になった米英の兵士がまつられてあった。全兵士の名前が記載された芳名簿があって、アイゼンハワーの署名が末尾にあった。ここはイギリスのヤスクニにあたるのだろうか。こういう調査を重ねて、SU先生は研究をまとめるのだ。早く読みたい。
 さらに地下に行くと、ネルソン提督、ナイチンゲール、チャーチルら英雄の棺もある。西洋のすごいのは火葬でないからそのまま肉体(といっても骨になっているだろうが)が残されるということ。
 すべて見終わると4時近かった。さすがに疲れた。

 この夜がイギリス最後となる。最後の晩餐はライカシャーの中華街にした。TO先生の馴染みのベトナム料理店に入った。タイガービールと紹興酒で乾杯。8日間の旅の思い出に話がわいた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


定年修学旅行8_c0048132_16575194.jpg
定年修学旅行8_c0048132_16581236.jpg

by yamato-y | 2005-11-30 16:30 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 夏目漱石とスコットランド テレサ・テン、心の唄 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧