人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

雨の下町

雨の深川、小名木川そして門仲

正午に目黒の家を出て山越えで高輪新駅まで出て、山手線、総武線を乗り継いで両国へ出た。結局雨は降ったりやんだりぬか雨になったり、終日梅雨模様。人出が少なくて助かった。
 両国駅北口から北上して震災公園にある震災記念堂と復興記念館に行く。ここは大正12年の関東大震災と昭和20年の東京大空襲の被災の記録と記憶が蓄積されている。原爆については長崎広島でたびたび資料館で体験していたが、地震と空襲の災厄については初めてだった。さまざまな被害にも圧倒されたが、もっとも衝撃を受けたのは自警団による朝鮮人虐殺の生々しい記録だった。竹久夢二が描く絵手紙にも出てくる。外に出ると、庭に「朝鮮人犠牲者追悼碑」がひっそりと建っていた。雨は蕭条と降っている。
 ここから隅田川に沿って下った。国技館の傍を抜けて両国橋を経て新大橋まで。杉本章子の『東京新大橋雨中図』を思い出し、ひとしきり大川を眺めた。杉本は第50回直木賞を若くして受賞した。その記念の回の番組を作ったとき、初々しい彼女を私は取材したことがある。博多の人なのになぜ明治の東京を主題に選んだのか不思議だった。当時私は41歳。72になってなんとなく彼女の心境が分かるような気がする。しかし、62歳で杉本さんが夭折するとは思わなかった。もう一度インタビューしたいと願っていたのだということを、今日初めて気がついた。『東京新大橋雨中図』の主人公、小林清親の存在が重要であると気づいたのは2000年を超えてからだ。もっと早く気づいて、杉本さんに話を聞いておけばよかった。
 さらに小名木川の萬年橋たもとの芭蕉稲荷に詣でる。ここに深川住まいの芭蕉の庵があったという。石碑に彫られた句「古池や」をなぞりながら読んでいると、遠くで海猫の声がする。大川端に出た。ちょうど隅田川と小名木川が合流するポイント。満ち潮で水面が膨れ上がっている、雨は依然止まない。
 清澄白河に出て、そこから門前仲町までまた歩いた。夕暮れて、雨で人影もまばら。小林清親の光線画のような風景じゃないかと、独りごちた。
 ここまで来たら、行く先は決まっている。門仲駅前の「魚三」。いつも満席で長待ちになるが、コロナのご時世どうなっているかー。
 うまくいった。ちょうど一席だけ空いていた。すぐ後客が来たから、間一髪。
 席に座ると即注文。「イカ刺し、アジのたたき、鰯の刺身」「熱燗」。鰯と酒がすぐ来た。
鰯があまくて美味い。コップ酒がほどよく染みる。
2合呑んだところで、鰤の吸い物を頼む。これが酔い覚めにちょうどいい。勘定は1310円。
 すっかり暮れて、永代橋をわたり茅場町へ。そこから地下鉄で恵比寿まで行き、地上に出て目黒の家まで線路伝いに歩く。どこかで折りたたみ傘を忘れたらしい。ぬか雨が酔い覚ましに心地よい。






来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2020-07-23 22:11 | Comments(0)
<< 転換期 花房山たより4号 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧