人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

B級映画

「ナショナルトレジャー」を見て

 ニコラス・ケイジ主演の「ナショナルトレジャー」をDVDで見た。『ダ・ヴィンチコード』の出来そこないのようなアドベンチャー映画だった。主人公の歴史学者ベン・ゲイツは祖先から言い伝えられているフリーメーソンの財宝を求めて北極からワシントン、ニューヨークまで駆け回る。

ストーリーの前半は厳重に保管された、独立宣言の「文書」を手に入れるまでの冒険を描く。それから、この文書を読み解く眼鏡を求めて、リンカーン記念館、独立記念館等アメリカ人にはよく知られた場所を舞台に悪漢たちとの闘いが始まる。
 そしてたどり着いたのがNYウォール街に独立戦争以来建っている教会。その地下深くに財宝が眠っていると分り、仕掛けのある石壁を押すと深い地下の穴があった・・・。

まるでアメコミそのままを映像にしたような、ジャンキーなCG映像テンコ盛りの映画だ。「スネークアイ」のニコラス・ケイジやジョン・ボイド、ハーベイ・カイテルら、良い役者が出ているのでそこそこの映画かなと思ったら、とんだ期待外れ。

 いかにもディズニーが配給しそうな映画だった。調べるとプロデューサーは「パイレーツ」や「キングアーサー」のブラッヤマイヤー。監督はタートルトーブ。特典映像で得々と語る二人を見ていたら「金の無駄遣い」「映画が分っていない」と罵倒したくなった。
 地下の穴の格闘シーンで、人物の位置関係が分らないと思っていたら、未使用映像を見ると理解できた。監督はラフカット4時間を2時間にするのに苦労したと言っていたから、画の流れなど無視してばっさり切ったのだ。
 ということは脚本の失敗ではないか。物語の要素が多すぎたのだ。あらかじめ脚本で整理しておけばラフカット段階でも3時間以内に出来たはず。とにかく、アニメーションとCGを多用した、費用のわりには安っぽいペラペラの映像のオンパレードだった。

 だが待てよ。これは家庭用のテレビ画面で見たから安っぽさが目についたが、劇場用の大画面と大音響で見ると味わいが違うかもしれないな。映画全体がアミューズメントパークのような仕立てだから、この“担当者”は映画を作るというよりゲームを作っていたのかもしれない。
 でも一言。同じ系列でもインディ・ジョーンズやダイハードなどはそれなりに見られたし面白かったけど。財宝を発見するシーンで、監督は息を飲むような場面にしたかったと語ったがまったく成功していない。「インディ・ジョーンズ」を少し勉強したら、タートルトーブ君。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-11-29 12:07 | Comments(0)
<< 定年修学旅行7 旅のコラム6 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧